skillup

技術ブログ

Database

論理設計のアンチパターン

投稿日:

今回からは論理設計のアンチパターンについて。

やってはいけない設計のパターンですね。これはまわりがやっていると気づかずにやっている可能性があるのでしっかりメモしておきたいです。

非スカラ系の値

これはテーブルに配列の値が入っているものです。

例としては下記のようなテーブルです。

社員ID 社員名
001 山田 太郎
次郎
002 鈴木 太郎
次郎
三郎

こういったパターンは見たことがないですね。ただテーブルの中にカンマやアンスコ区切りで複数の値を入れているのをみたことはあるので概念としては同じかもしれないです。しかもSQLのデータ構造として配列型というものがあるらしいですね・・・使ったことはありませんが。

原則としては「配列型は使わない。第一正規系を使う」というのが正しい考え方のようです。

また人名のようなものはなるべ分割していれたほうがあとあと楽ですね。分割→結合は楽ですが、結合→分割は大変だからです。情報は意味を壊さない程度に分割して保存するようにしましょう。

ダブルミーニング

ID 列1
001 山田 170
002 鈴木 50

ダブルミーニングとは一つの列で別の意味をもたせることです。001番は列1は身長で、002は体重みたいな。ここまで露骨なものはさすがに見たことはないのですが、大局的に意味が近いものはやろうかなとおもったことはありましたね・・・(汗)

プログラマが変数を使うようにテーブルの列を変数とみなすことでこのようなことが生まれるケースがあるようです。

列は変数ではなく、一度意味を決めたら変更不可にしましょう。

単一参照テーブル

コードタイプ コード コード名
com_cd C001 A商事
com_cd C002 B商事
pref_cd P001 北海道

単一参照テーブルというのはテーブル数を少なくするという意図で複数のマスタを同一テーブルで管理するという手法のようです。

オブジェクト指向の多態性の考え方をテーブルに持ち込んだもののようですね。

メリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット

  • マスタテーブルの数がへるため、ER図やスキーマがシンプル
  • コード検索のSQLを共通化できる

デメリット

  • データの長さを大きめにとっておく必要がある
  • レコード数が大きくなりパフォーマンスに悪影響がでる
  • コードのSQLでコートタイプやコード値を間違えてもエラーにならず、バグに気づきにくい

基本的にはしないようがいいようですね。テーブルに多態性を持ち込んではいけないようです。

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 ウィンドウ関数

SQLの基礎(主にSELECT)を whereはレコードに対しての集計、havingはレコードの集合に対しての集計 ビューは一時的なselect文なのでサブクエリとほぼ等価 条件分岐で出力項目を変えた …

no image

MySQLのLIMIT,OFFSETに関して&explainの見方など

自作のWEBアプリを作っていたところSELECT句が異常に遅いケースがありました。 発見までにかなり時間がかかったんですが、不可思議な現象としてはOFFSETが小さいときと大きいときで検索スピードが全 …

no image

SQLの高速化について&explain

本日はSQLの高速化について。 高速化といってもさまざまなテクがあると思うのですが、代表的な考え方に関して。 Contents1 高速化に関して1.1 index1.2 ディスクアクセスを減らす1.3 …

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

アーカイブ