skillup

技術ブログ

Database

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

投稿日:

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。

グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。

つまりある程度の効果もあるけれども、堂々と正しいとは言えない設計のことです。

ポイントとしては

  • 完全に否定はできない
  • 使うなら節度をもち、リスクを踏まえて

ということですね。それでは以下見ていきます。

主キーが存在しないときのサロゲートキー

データベースではコードなどのキーによってユニークな組み合わせをつくれることが理想です。こういったキーを主キーといい、一つのキーだけで特定できない場合は複数のキーを組み合わせる複合主キーを使用します。

そうはいっても実務では必ずしもユーザーが使用しているキーがユニークになるとは限りません。

  • 使いまわしをしている

というケースも考えらなくはありません。

このようなケースで使われるのがシステム側が発行する代理キー(サロゲートキー)です。ユーザーが使用するものとは別にシステム側で自動採番されるような人工的なキーを生成します。

これはかなり一般的によく使われている手法ですが、

  • そもそも論理的に不要なキーであり、論理モデルを分かりにくくする

などのデメリットもあり、無条件で奨励できるものではないようです。

できれば

使いまわしをしている場合は

  • 年度や時間などを列として追加することで複合主キーとして解決できないかを検討する

といった解決策を考えるのが良いようです。

上記の内容ですが、メリットとデメリットを深く考慮してませんでした・・・いままで何も考えずにオートインクリメント属性のidを作成し、これを主キーとしてました・・・。このやり方に問題自体がないと思っていたので・・

うーんやっぱり理論的なことを知らないとまずいですね・・・

代理キー

ちなみに代理キーに関してもシーケンスオブジェクトを使用するパターンとオートインクリメントを使用するパターンの2種類があります。

私はMySQLがほとんどだったのでほとんどオートインクリメントでやってきましたが、データベースベンダーにより型が違っているなど、移植性がひくいというデメリットがあり、柔軟性という点ではシーケンスオブジェクトに軍配が上がります。

オートナンバリングをアプリ側でつくることもできますが、排他制御を考えたりと開発工数が増えるというデメリットがあります。

ちなみに代理キー自体はシーケンスオブジェクトでもオートインクリメントでもアクセスが集中した時に性能遅延するというデメリットがあります。

 

-Database
-

執筆者:


  1. […] 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エンティティの抽出と主キー決定

主に設計に関することのメモ。 Contents1 業務フロー分析2 エンティティの抽出3 エンティティの関連付け4 主キーの抽出を行う4.1 主キーの特徴4.2 サロゲートキーのメリット4.3 サロゲ …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …

no image

SQL基礎 case式について

case式に関して。 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。 case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。 case ~ when ・・・thenではwhenが評価され …

no image

自己結合に関して

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。 下記のようなテーブルProductsがあるとします。 name | price ——&# …