skillup

技術ブログ

Database

データベースによるテストデータ作成

投稿日:2016年8月30日 更新日:

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。

数字

rand()は通常のプログラムと同じで0~1での数字を任意に出力します。当然100のところを好きな数字にしてあげれば1~その数までとなります。

任意の文字

ランダムな半角英数字を作れます。上記の例は1~10まで。パスワードと同じ原理かと思います。concatを使えばさらに任意の文字と組み合わせることができます。

日付

date_addは下記リンクを参考に。

DATE_ADD(date,INTERVAL expr unit)

一番最後の構文は説明が必要でしょう。

contact_wsは単純な連結です。

addtimeは任意の日付の加算を行うことができます。加算式がやや複雑です。

w3resource MySQL ADDTIME() function

私が説明するよりこのリンクがはるかにわかりやすい・・英語ですが、式だけでわかると思います。

sec_to_time

数字をHH:MM:SSで表記します。

MySQL @Wiki 実用リファレンス SEC_TO_TIME

date_formatはその名のとおり通常のフォーマットです。

日付に関しては結構いろいろなことができるのでもっと知っておけばよかったです・・・

参考

テストのダミーデータ作成

ちょうど去年書きましたが、めちゃくちゃ役に立ちました。リンクが(爆)

MySQLで簡単にランダムなテストデータを作成する方法

この記事自体ここのパクリに近いです(爆)。

-Database
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQLの高速化について&explain

本日はSQLの高速化について。 高速化といってもさまざまなテクがあると思うのですが、代表的な考え方に関して。 Contents1 高速化に関して1.1 index1.2 ディスクアクセスを減らす1.3 …

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

JPQLでの算術関数

複雑なJPQLを書いていると、通常のレコードの取り出しだけではなく、合計(SUM)や算出(COUNT)などのいわゆる算術関数を使うことが一般的です。 JPQLでもこれらを通常通り扱うことができます。 …

no image

日付がらみの処理に関して(MySQL&Java)

MySQL触りだして3年ぐらいたつんですがいまだに整理できないことが多いです。(特に日付がらみ) ちょっとJavaのネタと合わせて整理しておこうかなーと思います。 Contents1 MySQLの日付 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …