skillup

技術ブログ

PHP

CakePHP3系でのテスト処理

投稿日:2016年9月16日 更新日:

以前CakePHP2系のテストは書きましたが、3系は若干仕様が違いますので、3について書こうと思います。例によってエントリーレベルですが。

準備

phpunit

phpunitがインストールされているかをチェック。ディフォルトだとインストールされているはずですが。

インストールされていれば vendor/bin/phpunitがあるはず。ない場合はcomposer.jsonに足してcomposer経由でインストールをする。

下記のように記述してあげればOKです。

テスト用のDB

app.phpでtest用のデータベースがしっかり設定されているか。

実際につながっているサーバーとテストでつかうサーバーは設定で必ず分けましょう。

Fixtureとは

一般的にデータベースを使わないシステムはあまりありませんが、データベースを伴うテストは実行が難しいことも多いです。

難しい理由としては前提となる状態を常に保存しておくのが困難です。そのため一時的にテストのために使うデータベースのような状態をFixtureといいます。これにより、常にデータベースを目的の状態にしておくことができます。

bakeで自動生成

ゼロからテストファイルを作らなくても、bakeで自動生成してあげればテストのファイルも自動で作られます。よくわからないうちはこれを実行したり、いじるのが一番楽でしょう。

実行

上記の設定で問題なければ

でテストが通るはず。controller→model→viewと実行されていきます。
一部のテストケースだけ実行したい場合は下記のように入力すればOK。

他参考リンクなど

http://book.cakephp.org/3.0/ja/development/testing.html

CakePHP3でControllerのユニットテストを書く例

-PHP
-,

執筆者:


  1. […] CakePHP3系でのテスト処理 CakePHP3でのコレクションに関して(厳密にはテストではないですが、デバッグに便利) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Laravelのルーティングに関して

Laravelでのルーティングに関して。 惰性で使っていたんですが、これを機にしっかりと整理してみようかと。あくまで頻出パターンのみです。 ディフォルトだとroutes/web.phpが読み込まれます …

no image

PHPでのログ出力 PHP monolog

PHPでデバッグするときは、画面上にvar_dumpで情報を見ていたのですが、これができない場面ではログへの出力を行うことになります。 いままではフレームワークに標準でついてたんですが、これを機に一般 …

no image

phpenvで入れたphpの起動スクリプトに関して

以前、CentOS7.7にphp5.3を入れるという案件がありましたが、yumなどでは入らないため、phpenvで入れました。 phpenv5.3+php-fpm が、起動スクリプトを配置していないこ …

no image

SQSのキュー登録とworkコマンドに関して

SQSでのキューの登録に関して以前やりましたが、再度扱うことがあったので、調査を。 リンク SQSについて Queueの登録と実際の処理に関して Contents1 キューの登録2 キューの監視 キュ …

no image

composer最低保証のバージョンを管理

自分の開発端末ではPHPのバージョンが7.1何ですが、上げなければいけないサーバーのバージョンが7.0だったりして、

みたいなエラーが …