skillup

技術ブログ

PHP

CakePHP3系でのテスト処理

投稿日:2016年9月16日 更新日:

以前CakePHP2系のテストは書きましたが、3系は若干仕様が違いますので、3について書こうと思います。例によってエントリーレベルですが。

準備

phpunit

phpunitがインストールされているかをチェック。ディフォルトだとインストールされているはずですが。

インストールされていれば vendor/bin/phpunitがあるはず。ない場合はcomposer.jsonに足してcomposer経由でインストールをする。

下記のように記述してあげればOKです。

テスト用のDB

app.phpでtest用のデータベースがしっかり設定されているか。

実際につながっているサーバーとテストでつかうサーバーは設定で必ず分けましょう。

Fixtureとは

一般的にデータベースを使わないシステムはあまりありませんが、データベースを伴うテストは実行が難しいことも多いです。

難しい理由としては前提となる状態を常に保存しておくのが困難です。そのため一時的にテストのために使うデータベースのような状態をFixtureといいます。これにより、常にデータベースを目的の状態にしておくことができます。

bakeで自動生成

ゼロからテストファイルを作らなくても、bakeで自動生成してあげればテストのファイルも自動で作られます。よくわからないうちはこれを実行したり、いじるのが一番楽でしょう。

実行

上記の設定で問題なければ

でテストが通るはず。controller→model→viewと実行されていきます。
一部のテストケースだけ実行したい場合は下記のように入力すればOK。

他参考リンクなど

http://book.cakephp.org/3.0/ja/development/testing.html

CakePHP3でControllerのユニットテストを書く例

-PHP
-,

執筆者:


  1. […] CakePHP3系でのテスト処理 CakePHP3でのコレクションに関して(厳密にはテストではないですが、デバッグに便利) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQSのキュー登録とworkコマンドに関して

SQSでのキューの登録に関して以前やりましたが、再度扱うことがあったので、調査を。 リンク SQSについて Queueの登録と実際の処理に関して Contents1 キューの登録2 キューの監視 キュ …

no image

リクエストとレスポンスについて

Laravelでリクエストとレスポンスにはそれぞれ元からクラスが当てあられております。

上記のようなメソッドでリクエストパラメータ自体 …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …

no image

サービスプロバイダとは

Laravelをやっていて、次に分かり難かった概念、サービスプロバイダについて。 アプリケーション開発にはデータベース、ファイル操作、ログ操作など様々な操作があり、個別のビジネス処理以外で共通化できる …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

アーカイブ