skillup

技術ブログ

プログラミング全般

フレームワーク作成時の注意ポイント

投稿日:

以前も多分書いていますが、フレームワーク作成時のポイントなどを列挙。

次元が違うものも多々含まれているかも。

  • ルーティング機能
  • 基本設定情報の読み込み
  • キャッシュ機能
  • データベース
  • Form情報の管理(画面情報の初期化と取得、トランザクショントークン管理等)
  • セッション管理
  • リダイレクト処理
  • メッセージ出力機能(フラッシュスコープ)
  • Util系(文字列、配列、時間、ログ、ページャーなど)

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アジャイル開発について

エンジニアとして仕事をしてから7〜8年立ちましたが、その間9割近くはいわゆるアジャイル開発でやってきたと思っていました。今は比較的大規模な開発をしておりますので、ウォータフォールですが・・・ が、先日 …

no image

Oauthについて

今更ながら認証システムの基本などを復習中です。 今回はOauth(オーオース)について。 一般的なWebサービスを使っていると Instagramでのアカウントがある場合、それのアカウントを利用して、 …

no image

DIが役に立つ場面はやはりテスト

システム開発において、密結合とか疎結合なんて言葉が使われたりします。 密結合・・システム間の構成要素の関連性が高く、結びつきが密なこと 疎結合・・システム間の構成要素の関連性が弱く、結びつきが疎なこと …

no image

データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト

WEB+DB(vol91)で使えそうな連載記事がありますのでブログにメモリます。 テーマはデータ構造です。 Contents1 データ構造とは?2 計算量3 プログラムとメモリ4 配列について4.1 …

no image

APIに関して

RESTAPIのルーティングで気をつけることなんぞを。 直近のプロジェクトではRESTAPIを作ることが多かったんですが気をつけることなんぞを。 Contents1 仕様書はソースから2 ツール3 命 …