skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

投稿日:

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。

※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。

例1

ある条件により別の列を使いたいとき、

上記のようにUNIONを使ってしまうとIOコストが倍になってしまうため、ここでCASE式を使って条件分岐を使い、下記のように書いてあげると

条件分岐はWHEREではなくCASEで書いてあげるとうまくいくことが多い。

IOコストは一回で済む。一般にプログラミングでif文を使うような場所で、case式を使ってあげるとうまくいくことが多い。意識としては文から式へ。

主に集計タイプの処理。ある列のパラメーターによって分類をしたり、処理内容を変えるときに有効。

ただしインデックスが張られている列を検索条件にする場合は、unionを使ったほうが高速な場合もある。

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQLの高速化について&explain

本日はSQLの高速化について。 高速化といってもさまざまなテクがあると思うのですが、代表的な考え方に関して。 Contents1 高速化に関して1.1 index1.2 ディスクアクセスを減らす1.3 …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

SQL問題

今までやったSQL問題などのまとめ。定期的にやる予定です・・ 自分用なのでテーブルデータとかあったりなかったりいい加減です(汗) SQLドリル 問題1 nameとageで構成されたテーブルがあるとして …

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

MySQL小ネタ テーブル単位のリストア・SQLの小ネタ(バックスラッシュの検索)

MySQLのちょい小ネタ。 Contents1 テーブル単位でバックアップ&リストア2 バックスラッシュの入ったSQLについて テーブル単位でバックアップ&リストア 1 通常のdump(データベース単 …

アーカイブ