skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

投稿日:

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。

※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。

例1

ある条件により別の列を使いたいとき、

上記のようにUNIONを使ってしまうとIOコストが倍になってしまうため、ここでCASE式を使って条件分岐を使い、下記のように書いてあげると

条件分岐はWHEREではなくCASEで書いてあげるとうまくいくことが多い。

IOコストは一回で済む。一般にプログラミングでif文を使うような場所で、case式を使ってあげるとうまくいくことが多い。意識としては文から式へ。

主に集計タイプの処理。ある列のパラメーターによって分類をしたり、処理内容を変えるときに有効。

ただしインデックスが張られている列を検索条件にする場合は、unionを使ったほうが高速な場合もある。

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GlassFishでDB接続

JavaEEではアプリケーションサーバーとしてGlassFishを使いますが、先日、GlassFishを通さないとJavaEEでDBが動かせないということを知りました。そのためJavaEEではデータベ …

no image

SQL基礎 結合に関して

SQL実践入門を読んで勉強しておりますが、本日は結合に関して。 Contents1 クロス結合2 内部結合3 外部結合4 結合のアルゴリズムとパフォーマンス4.1 NestedLoops4.2 Has …

no image

SQLインジェクション

セキュリティ関係の知識がぬるいのでちょっとお勉強。 知っていることもあるが復習もかねて勉強を。 Contents1 SQLインジェクションとは?2 被害3 対策4 参考サイト・書籍5 ソース SQLイ …

no image

論理設計のアンチパターン その2

今回は論理設計のアンチパターンの続きです。 今までに比べると何も意図がないというものではなく、パフォーマンスを考えて設計されているようなものが多いです。 ただし、中には絶対に許されないタイプのものもあ …

no image

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

MySQLでのリストアについて。 先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやら …