skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 case式について

投稿日:2016年10月11日 更新日:

case式に関して。

  • 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。
  • case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。
  • case ~ when ・・・thenではwhenが評価された時点で残りのwhenは無視される。同一条件を入れることはできない

http://mickindex.sakura.ne.jp/database/db_support_sinan.html

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE式のすすめ

SQL実践入門を7割がたぐらい終えたところで同著者の方の「達人に学ぶSQL徹底指南書」を学習しようと思っています。 この方の著書は気づいたら結構読んでましたね。 Contents1 CASE式での注意 …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

MySQL safe mode

MySQLに関してしっかりパスワードをチェックしていれば問題ありませんが、中にはrootパスワードをわすれた!なんてこともあるでしょう。 そんなときはsafe modeで実行することでrootのパスワ …

no image

アンチパターン 参照渡しと値渡し+キー情報の設定+同一値を複数テーブルに配置+正規化が不十分+集計表+不適切なステータス値

本日は自分がデータベースの設計をしていて気を付かないといけないなーと思った点などを。 注意点としては設計のミスは実装で取り返しにくいことが多いので極力気を付けましょう。あといろいろなテーブルのパターン …

no image

sql_modeに関して

開発では動いていたのに本番ではint型のカラムで空白が入らない!みたいなエラーが出て、データベースにデータが入らないことが発覚し、調査をすることに・・・ sql_modeが原因でした・・・ sql_m …