skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 case式について

投稿日:2016年10月11日 更新日:

case式に関して。

  • 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。
  • case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。
  • case ~ when ・・・thenではwhenが評価された時点で残りのwhenは無視される。同一条件を入れることはできない

http://mickindex.sakura.ne.jp/database/db_support_sinan.html

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

Contents1 重すぎるOLTP1.1 デメリット1.2 対策2 DATE型の型の不統一2.1 デメリット2.2 対策3 データ量の想定が甘い3.1 デメリット3.2 対策 重すぎるOLTP ※O …

no image

MariaDBインストール

CentOS7からはyumでmysqlをインストールするとMariaDBがディフォルトになるようです。 せっかくなので、これを機にMariaDBを使ってみました。といってもMySQLとほとんど一緒でし …

no image

自己結合のイメージ

前回に引き続き結合について考えます。 例えば下記のようなテーブルがあり、重複行を削除するとします。 1 りんご 50 2 みかん 100 3 みかん 100 4 みかん 100 5 バナナ 80 この …

アーカイブ