skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 case&groupbyの活用について

投稿日:2016年10月12日 更新日:

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。

主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える

例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出したいときなど(例えば未成年,20~69,70以上に分けたいときは下記のSQLで一発)

注意点としてグルーピングのキーをgroupbyとセレクトキーの両方に使う。

細かい構文上の注意点としてはgroupbyのcase文にasをつけないこと。※SELECTで定義しておけばGROUP BY age_segなどと書くこともできるようですが、どちらかというと非推奨。

PARTITION BY句を使うと集計せずにデータを出すことができ、なおかつソートまでできる。ただしMySQLにはない模様。

http://mickindex.sakura.ne.jp/database/db_support_sinan.html

使用例

name | age | age_seg | age_rank_in_class
山田   | 15   |    子供    | 1
田中   | 19   |    子供    | 2
渡邊   | 23   |    大人    | 1
佐藤   | 45   |    大人    | 2
鈴木   | 74   |    老人    | 1

参考文献
SQL実践入門

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

浮動小数点に関して

金額計算なんかでfloatを使うと誤差が出るっていうのは基礎的な話ではありますが、背景知識を含めて理解しておこうと思ったのでメモります。 Contents1 float,doubleでの誤差2 金額の …

no image

フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる

JPAでは基本的に1テーブル、1クラスです。 このためプロパティは必然的にテーブルのフィールドに対応しています。 ただ、必ずしもプロパティだけでなく、臨時で持たせておきたい、プロパティがあったりします …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

アーカイブ