skillup

技術ブログ

Database

SQL基礎 複雑なSQLの組み方

投稿日:2016年10月16日 更新日:

SQLの本を見ますとかなり複雑なSQLが書かれていることが多いです。

これは頑張っても無理では・・・と思っていましたが、ポイントしては

  • 原則として必ず図に書く
  • まずは問題を細かく分割する
  • 細部から切り分けて部分を組み立てる(多くの場合SELECTで細かいテーブルに分ける)
  • 出力対象が値か単行か表をチェック
  • 変数がきつい場合はまず具体値で試す
  • それを組み合わせていく

こんな感じでしょうか。確かに私も実務でちょっと複雑なSQLを書いたときは図に書き出してやったところ問題点がすぐにつかめました。

困難は分割せよ、どんな学習もコツは同じですね。

本日新しく覚えたSQL構文

SIGN()

引数が正の数ならば1を返し、マイナスの数ならば-1を返す。同じ場合や文字は0を返す。

MySQL関数リファレンス 符号を調べる (SIGN)

rows between ウィンドウ開始点 and ウィンドウ終了点

分析関数。開始点と終了点を記して、その中での集計を行う。

SQL分析関数をさらに深く追求してみよう (1/2)

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

joinとeager loading

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。 自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・ Contents1 通常のjoin2 ループの中で取得 …

no image

正規化のデメリット

Contents1 正規化のデメリット2 本日のSQL 正規化のデメリット 正規化についていろいろ書いてきましたが、メリットもあればデメリットもあります。 メリットとしては データの不整合が起きにくい …

no image

外部結合 応用編

本日は「達人に学ぶSQL徹底指南書」の外部結合の応用編です。 下記のような3つのテーブルがあるとします。例によってここを使わしてもらってます。 tblsex sex_cd | sex —& …

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …