skillup

技術ブログ

Database

SQL結合 サブクエリに関して

投稿日:

今回はサブクエリに関してです。

もちろんSQL実践入門を読み進めています。

SQL上ではテーブル、ビュー、サブクエリというのは機能的にはそれほど変わらず主にパフォーマンスの点で違いがでてきます。

以下に簡単な特徴を述べます。

テーブル、ビュー、サブクエリの特徴

テーブル

永続的かつデータを保持する

ビュー

永続的だがデータは保持しないため、アクセスのたびにSQLが実行される

サブクエリ

非永続的なので生存期間(スコープ)がSQL文の実行中に限られる

サブクエリの問題点

ここでサブクエリの問題点を挙げておきます。

計算コストが上乗せされる

データを保持していないので、実行のたびにSELECTを実行してデータを作る必要があります。純粋にSELECT文実行にかかるコストが上乗せされます。

IOコストがかかる

計算した結果は、どこかに保持するため書き込む必要があります。うまくメモリに収まればよいですが、そうでない場合はストレージに書き込むことになり、遅延の原因になります。

最適化を受けられない

サブクエリにはインデックスが利かないため、最適化を受けることができません。

詳細はSQL実践入門の中にゆずりますが、サブクエリの中にはウィンドウ関数を使って代用できるものなどがかなり多くあります。この場合、ウィンドウ関数を使ったほうがパフォーマンスが良くなるケースがあるので積極的に利用しましょう。

-Database

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

no image

dbUnitの使い方

えーJavaで有名なテストツールDBUnitについて。 DbUtilではありませんので間違えないように。(私は最初間違えました・・・) まだ全然使い込んでるわけではありませんがどんなことができるかとい …

no image

SQLクエリ比較

クエリの比較 SQLにおいては全く同じ結果を返すのであってもその検索結果が異なるということはよくあります。 例えば下記のようなテーブルがあった場合 co_cd | district —&# …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

MySQLのユーザー変更+information_schema.columns

MySQLで行うユーザーの作成について

これですが、一つのデータベースに対して行うとhost内のユーザーすべてが切り替わってしまいます …