skillup

技術ブログ

Database

SQLにおけるナンバリング

投稿日:

本日はナンバリングに関して。

MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になっておりましたが、これは比較的新しい考え方のようです。

主キーが1列の場合

テーブル名member カラムはmember_no,nameだと仮定します。

全てのレコードに対して通し番号での連番を振る場合です。

ウインドウ関数を使う場合

サブクエリで通し番号を取る場合

主キーが複数列から構成されている場合(※通し番号)

テーブルサンプル(score)

class | member_no | point
——-+———–+——-
1 | 100 | 50
1 | 101 | 55
1 | 102 | 56
2 | 100 | 60
2 | 101 | 72
2 | 102 | 73
2 | 103 | 73

ウインドウ関数

 サブクエリ

グループごとに通し番号

ウィンドウ関数

サブクエリ

ちなみにこれらを利用してUPDATE文を作成し、シーケンス的なidを作成することができます。

-Database

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

no image

laravelのmigrationに関して

DBのカラムの保守などをする場合のmigrationに関して。 ポツポツ使っていたのですが、しっかりまとめてなかったのでここでまとめて見ようかと思います。 Contents1 カラム定義2 実際の実行 …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

CASE式のすすめ その3

本日もCASE式です。 下記のようなテーブル(studentclub)があるとします。 std_id | club_id | club_name | main_club_flg —&#82 …

no image

データベースのテスト環境作成

現在作っているシステムのリリースが近づいており、本番に近い環境を作成しお客様に見てもらうことに。 こういった手順はマニュアル化しておいたほうが楽だろうと思い、自分的にメモ 1 現状運用されているデータ …