skillup

技術ブログ

Java サーバー・ネットワーク

jenkinsのオートデプロイ

投稿日:2016年11月1日 更新日:

久々にJavaやりました。

やりたいこと

  1. 作成しているアプリはJavaServelet、アプリケーションサーバーはglassfish
  2. ローカルでgitでコミット→プッシュ
  3. これをトリガーにしてjenkinsでビルド→デプロイ(デプロイするサーバーは別)

git→jenkins連携はこちらに解説してます。
jenkins構築
Git→Jenkinsの連携
Git→Jenkinsの連携 その2

ハマりポイント

Antでのjobの設定

いままでほとんどmavenだったので・・・

まずビルドファイルはディフォルトでbuild.xmlなら何も書かなくてOKです。下手に書くとファイルがないと怒られます。

Jenkins使い方メモ

jenkinsでビルドできない

Javaだと頻繁にありますがIDEだとOK(ライブラリが内包されているので)だけど、別環境だとダメってパターン。ほとんどがライブラリ関係です。

出たエラーは次の2箇所

Jenkinsのjobのビルド→Antの呼び出しでクラスパスをjenkinsの管理画面でAntのプロパティとして設定してあげればOK

j2ee.server.home=/usr/local/glassfish4/glassfish/ で解決

j2ee.server.home missing during NetBean project build

org-netbeans-modules-java-j2seproject-copylibstask.jarが入っていないためにエラーが起こる。(ローカルだとnetbeansには入っている)

このjarファイル自体をWEB-INFの中に入れてあげて

とパスを先ほどと同様Antのプロパティに設定してあげればOK

The libs.CopyLibs.classpath property is not set up

jenkinsのオートデプロイ

これに関しては↓
glassfishへのデプロイ
今回はできたwarファイルをSSHでjenkinsサーバーからtestサーバーに運んであげる

SSHでの運び方

※最初はアプリをビルドさせる処理と送信のジョブを別々にしたほうが良いかも。

  1. SSH2Easy Pluginというプラグインをインストール
  2. あとはJenkinsの管理画面→システムの設定→Server Group Centerにhostやuserなど必要な情報を入れる
  3. 1度保存後、ServerListが保存できるのでここでServerGroupを選択し、Servernameをきめてあげ、IPを入れる
  4. プロジェクト選択画面に遷移し、ビルドの手順の追加よりRemoteSFTPUPLOADを選択、さきほど入力したものが選ばれているはず
  5. localFilePath 送る側のファイルパス remoteLocation 送られる側のファイルパス fileName ファイル名をリネームしたいとき。リネームしなくていい場合は空

最初はただのテキストファイルを送るといいかも。

testサーバーでのデプロイ

warファイルはそのままglassfishディレクトリのautodeployの中に入れてあげれば自動でWEBからアクセスできるように展開されている。

The libs.CopyLibs.classpath property is not set up

jenkinsでは「SSHでの運び方」で記述したようにServer Group Centerを設定してあげればSSHで対象のサーバーにログインして操作ができます。

ビルドの手順の追加より「Remote Shell」を追加し、Serverを選んであげて、Shellの中にコマンドを記述してあげればOKです。

これで意図したパスにファイルをおいてあげればOKです。

-Java, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginxのlocationディレクティブ内のリダイレクト処理について

nginxのlocationディレクリブ内のリダイレクト処理に関して。 結構長い間携わっていますが、適当に理解していた部分が多かったので再度復習です。 特にドメインのサブディレクトリでサービスを運用し …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

ドメイン取得とメール送信

現在ではメール配信サービスなどが充実しており、メールサーバーを立てる機会なんぞは少ないかとしれません。 そもそも一般的なレンタルサーバー会社の場合、レジストラとセットになっていることが多いですよね。そ …

no image

dockerインストール

ansibleに続いてdockerについて書いていこうと思います。 Contents1 dockerとは?1.1 インストール1.2 イメージ取得&コンテナ作成1.3 commit1.4 参考リンク …

no image

try~catch~finallyで気を付けること

JavaでExceptionが発生したとき、基本的にはtry~catch~finallyをつかっているのですが、今回Exceptionが吐かれないという事態があったのでメモします。 [crayon-5 …