skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

DNSの仕組み

投稿日:2016年11月2日 更新日:

本日はDNSについて。

とりあえず要点のみ

DNSのざっくりとした仕組み

ネットワーク上での住所を決める仕組み。

本来はIPがその役割を果たしている.

http://211.111.111.111 などと打ってホストにアクセスすることは可能である。

ところが、

  • 人間にとって覚えにくい
  • 変更があった時に大変

といった特徴があるため、現在はドメイン名をもとにしてホストを識別することが多い。

元々の起こり hostファイル

今のようなインターネットが一般的に広まるまでは、上記のようなファイルを設置して、IPとドメインの紐付けを行なっていました。

参考URL

インターネット10分講座:DNS

2015年4月号

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

URLのリライトに関して

laravelのアプリをサブディレクトリ(notサブドメイン)に配置しなくてはならないケースがあり、.htaccessと格闘したのでメモを。 このパターンはハマりが多いですね・・・ http://sk …

no image

HTTPヘッダ・インジェクション+オープンリダイレクタ

Contents1 HTTPヘッダ・インジェクションとは?1.1 被害(ほぼクロスサイト・スクリプティング攻撃による脅威と同じ脅威)1.2 対策2 オープンリダイレクタとは?2.1 対策 HTTPヘッ …

no image

ロードバランサーの構築(dockerを例に)

以前から興味のあったロードバランサーをdockerで構築。 Contents1 ロードバランサーとは?1.1 定義1.2 メリット1.2.1 負荷軽減1.2.2 可用性の向上1.2.3 拡張性の向上1 …

no image

nginxの設定ファイルの書き方に関して

Contents1 設定ファイルの構成と基本用語1.1 ディレクティブ1.2 コンテキスト2 基本的なディレクティブの遷移2.1 serverディレクティブ2.2 locationディレクティブ2.3 …

no image

herokuへのdockerコンテナ送付とdocker volumeについて

Contents1 herokuへのdockerコンテナ送付2 ファイル構成2.1 コマンド2.2 注意点3 docker volumeの記述 herokuへのdockerコンテナ送付 Herokuで …

アーカイブ