skillup

技術ブログ

Database

CASE式のすすめ その2

投稿日:2016年11月3日 更新日:

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。

CASE式の利用

私自身はCHECK制約を使ったことはないですが、正しいテーブル設計においてはこれがあると誤ったデータを入れることを防ぐことができます。

例 会計年度のはじめと終わりを定義したのに、終わりのほうが昔になっているなど。

またCASE式ではCHECK制約と相性がいいです。

使い方については本家を参考に。

CHECK制約はNOT NULLやUNIQUE同様正しい値のみを格納できるので積極的に使っていく必要ありかもです。

制約に関していろいろ↓

【初級編⑨】テーブルに設定するキーの種類や様々な制約(CONSTRAINT)
SQLの制約の種類とその指定方法

UPDATE文のCASE

CASE式は条件分岐にも使えます。

例えば下記のようなテーブルsalarytbがあるとします。

name | salary
——+———
相田 | 200000
田中 | 300000

ここで以下のような条件で更新するとします。

  • 30万以上の社員は15%アップ
  • 20万以上30万未満(299999以下)の社員は20%アップ

これも1行で以下のように書けます。

この場合、UPDATE文を2回すると290000の社員は2回昇給をしてしまいます。

テーブル同士のマッチング

CASE式の大きな利点は式を評価でき、bETWEENやLIKE、大小判定などが使えることです。

テーブル名 CourseMaster
course_id | course_name
———–+————-
1 | 経理入門
2 | 財務知識
3 | 簿記検定
4 | 税理士

テーブル名  OpenCourse
month | course_id
——–+———–
200706 | 1
200706 | 3
200706 | 4
200707 | 4
200708 | 2
200708 | 4

ここで下記のような表を作りたいとします。

course_name | 6月 | 7月 | 8月
————-+—–+—–+—–
経理入門 | ○ | × | ×
財務知識 | × | × | ○
簿記検定 | ○ | × | ×
税理士 | ○ | ○ | ○

この場合、下記のようにSQLを書けばOKです。

EXISTSを使っても似たようなものができますね。

コツとしてはまず骨組みとなるSQL(外の部分のSQL)を作ってから細かいもの(中の詳細な条件)を組み立てていくのがいいのかなと思っております。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

浮動小数点に関して

金額計算なんかでfloatを使うと誤差が出るっていうのは基礎的な話ではありますが、背景知識を含めて理解しておこうと思ったのでメモります。 Contents1 float,doubleでの誤差2 金額の …

no image

cake sql系+リレーション+ヘルパー

先月末に引き続いてcakeネタをもりっといきます。 といっても自分用の小ネタリンク集です。 Contents1 sql系の小ネタ1.1 findとread1.2 find(‘count&# …

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

no image

MySQLのパフォーマンスチェックなどについて

常日頃MySQLをつかっているのですがパフォーマンスのチェックなどをあまりしていなかったため、これをチョクチョクしていこうかなあと思っております。 簡単に使えるツール(ただし5.1.4から)としては標 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

アーカイブ