skillup

技術ブログ

Database

CASE式のすすめ その2

投稿日:2016年11月3日 更新日:

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。

CASE式の利用

私自身はCHECK制約を使ったことはないですが、正しいテーブル設計においてはこれがあると誤ったデータを入れることを防ぐことができます。

例 会計年度のはじめと終わりを定義したのに、終わりのほうが昔になっているなど。

またCASE式ではCHECK制約と相性がいいです。

使い方については本家を参考に。

CHECK制約はNOT NULLやUNIQUE同様正しい値のみを格納できるので積極的に使っていく必要ありかもです。

制約に関していろいろ↓

【初級編⑨】テーブルに設定するキーの種類や様々な制約(CONSTRAINT)
SQLの制約の種類とその指定方法

UPDATE文のCASE

CASE式は条件分岐にも使えます。

例えば下記のようなテーブルsalarytbがあるとします。

name | salary
——+———
相田 | 200000
田中 | 300000

ここで以下のような条件で更新するとします。

  • 30万以上の社員は15%アップ
  • 20万以上30万未満(299999以下)の社員は20%アップ

これも1行で以下のように書けます。

この場合、UPDATE文を2回すると290000の社員は2回昇給をしてしまいます。

テーブル同士のマッチング

CASE式の大きな利点は式を評価でき、bETWEENやLIKE、大小判定などが使えることです。

テーブル名 CourseMaster
course_id | course_name
———–+————-
1 | 経理入門
2 | 財務知識
3 | 簿記検定
4 | 税理士

テーブル名  OpenCourse
month | course_id
——–+———–
200706 | 1
200706 | 3
200706 | 4
200707 | 4
200708 | 2
200708 | 4

ここで下記のような表を作りたいとします。

course_name | 6月 | 7月 | 8月
————-+—–+—–+—–
経理入門 | ○ | × | ×
財務知識 | × | × | ○
簿記検定 | ○ | × | ×
税理士 | ○ | ○ | ○

この場合、下記のようにSQLを書けばOKです。

EXISTSを使っても似たようなものができますね。

コツとしてはまず骨組みとなるSQL(外の部分のSQL)を作ってから細かいもの(中の詳細な条件)を組み立てていくのがいいのかなと思っております。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

Firebaseについて

前回Lambdaに少し触れましたが、2019年6月現在、サーバーレスなアプリというものが活況(?)のようです。 大規模なアプリというと Webサーバー+RDB+サーバーサイドプログラミング言語 が必須 …

no image

checkboxでの値の管理

formにてcheckboxの値を一つのカラムにいれて管理する機会があったのですが、これ入力更新出会っても検索であっても処理がなかなか厄介です。特に検索の時ですね・・・ 要するに値の候補が1,2,3, …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

SQL サブクエリ

前回の問題をサブクエリを使って解きます。前年度の売上を出すのが一番難しいので、それを出す方法です。MySQLだとそもそも分析関数が存在しないので・・ [crayon-5ecfb078c2a201220 …