skillup

技術ブログ

Database

CASE式のすすめ その3

投稿日:

本日もCASE式です。

下記のようなテーブル(studentclub)があるとします。

std_id | club_id | club_name | main_club_flg
——–+———+————–+—————
100 | 1 | 野球 | Y
100 | 2 | 吹奏楽 | N
200 | 2 | 吹奏楽 | N
200 | 3 | バドミントン | Y
200 | 4 | サッカー | N
300 | 4 | サッカー | N
400 | 5 | 水泳 | N
500 | 6 | 囲碁 | N

ここで下記のような実行を行います。

  • ここで1つのクラブに所属している学生はクラブIDを取得
  • 複数のクラブに入っている場合はmain_club_flgが立っているクラブIDを取得

第一ステップ
std_id,と列数を出す

これをベースに肉付けしていきます。

第二ステップ

std_id | main_club
——–+———–
100 | 1
200 | 3
300 | 4
400 | 5
500 | 6

このように集計関数のなかで書くとGROUP BYされたなかで条件分岐をさせることができます。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

postgresの外部キー制約やcascadeについて

外部キーを貼っておくと、当然、削除などを行うときにエラーになり、truncateも当然できなくなりますが、cascadeをつけることで、関連するテーブルまで一気にtruncateされます。 [cray …

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

アンチパターン 参照渡しと値渡し+キー情報の設定+同一値を複数テーブルに配置+正規化が不十分+集計表+不適切なステータス値

本日は自分がデータベースの設計をしていて気を付かないといけないなーと思った点などを。 注意点としては設計のミスは実装で取り返しにくいことが多いので極力気を付けましょう。あといろいろなテーブルのパターン …

アーカイブ