skillup

技術ブログ

Database

自己結合に関して

投稿日:

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。

下記のようなテーブルProductsがあるとします。

name | price
——–+——-
りんご | 100
みかん | 50
バナナ | 80

ここで下記のようなSQLをたたくと

下記のような列が得られます。

name | name
——–+——–
りんご | りんご
りんご | みかん
りんご | バナナ
みかん | りんご
みかん | みかん
みかん | バナナ
バナナ | りんご
バナナ | みかん
バナナ | バナナ

これは3行同士が掛け算されてできた結果でProductsのりんごはProductsの(りんご、みかん、ばなな)と結びついています。※図で書くとわかりやすいかも・・・

ここで例えば下記のようなSQLを書くと

下記ような結果になります。ちょうどりんご-りんごのような同列グループがなくなったわけです。

name | name
——–+——–
りんご | みかん
りんご | バナナ
みかん | りんご
みかん | バナナ
バナナ | りんご
バナナ | みかん

実務でもこの自己結合は比較的見かけますが、SQLを集合として考えないとなかなか難しいと思います。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

MySQLのLIMIT,OFFSETに関して&explainの見方など

自作のWEBアプリを作っていたところSELECT句が異常に遅いケースがありました。 発見までにかなり時間がかかったんですが、不可思議な現象としてはOFFSETが小さいときと大きいときで検索スピードが全 …

no image

O/Rマッパー iciqlについて

以前、このブログでも紹介したO/Rマッパーのiciqlについて、使い方や問題点がある程度わかったので書いておきます。 Contents1 インストール2 自動生成3 注意点3.1 Date型のインポー …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

アーカイブ