skillup

技術ブログ

Database

自己結合に関して

投稿日:

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。

下記のようなテーブルProductsがあるとします。

name | price
——–+——-
りんご | 100
みかん | 50
バナナ | 80

ここで下記のようなSQLをたたくと

下記のような列が得られます。

name | name
——–+——–
りんご | りんご
りんご | みかん
りんご | バナナ
みかん | りんご
みかん | みかん
みかん | バナナ
バナナ | りんご
バナナ | みかん
バナナ | バナナ

これは3行同士が掛け算されてできた結果でProductsのりんごはProductsの(りんご、みかん、ばなな)と結びついています。※図で書くとわかりやすいかも・・・

ここで例えば下記のようなSQLを書くと

下記ような結果になります。ちょうどりんご-りんごのような同列グループがなくなったわけです。

name | name
——–+——–
りんご | みかん
りんご | バナナ
みかん | りんご
みかん | バナナ
バナナ | りんご
バナナ | みかん

実務でもこの自己結合は比較的見かけますが、SQLを集合として考えないとなかなか難しいと思います。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL問題

今までやったSQL問題などのまとめ。定期的にやる予定です・・ 自分用なのでテーブルデータとかあったりなかったりいい加減です(汗) SQLドリル 問題1 nameとageで構成されたテーブルがあるとして …

no image

joinとeager loading

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。 自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・ Contents1 通常のjoin2 ループの中で取得 …

no image

SQL サブクエリ

前回の問題をサブクエリを使って解きます。前年度の売上を出すのが一番難しいので、それを出す方法です。MySQLだとそもそも分析関数が存在しないので・・ [crayon-61a34e8fee5640162 …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

SQL基礎 case式について

case式に関して。 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。 case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。 case ~ when ・・・thenではwhenが評価され …