skillup

技術ブログ

Database

HAVING句について

投稿日:

本日はHAVINGについて。

かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。

WHEREとは違い、抽出した結果に対しての絞り込みを行います。GROUP BYで絞ったあとの抽出などに最適です。

下記のようなテーブル(SeqTbl)があるとします。

seq | name
—–+———-
1 | ディック
2 | アン
3 | ライル
5 | カー
6 | マリー
8 | ベン

番号が歯抜けになっているのがわかるかと思います。歯抜けがあるかどうかは

このSQLで出せます。(歯抜けがなければCOUN(*)すべての列数とMAX(seq)が一緒になります。)

また歯抜けになっているseqを出したい場合は、下記のようなSQLになります。

下記のようなテーブル( graduates)があり最頻値(このケースでいうと20000と10000を求めるとします)

name | income
————+——–
サンプソン | 400000
マイク | 30000
ホワイト | 20000
アーノルド | 20000
スミス | 20000
ロレンス | 15000
ハドソン | 15000
ケント | 10000
ベッカー | 10000
スコット | 10000

考える場合のステップですが、下記のような流れになるかと思います。

  1. まず回数のみのテーブルを考慮
  2. そのテーブルをもとに最大値の算出
  3. その最大値と同様のデータを抽出

1の段階で下記テーブルを作ります。

2の段階(1のテーブルをベースに考えます)

3の段階(これが最終解になります。)

またALLを使った方法でも可能です。

こっちのほうが、わざわざ最大値を絞らなくていいので楽ですね。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベース設計のアンチパターン 複数表結合,大作SQL,Blob型の乱用

データベースのアンチパターンに関して。 以前下記ブログでも書いたんですが設計のスキルに関してもう少し身に着ける必要があるとおもい、チェックします。 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー 論理設計の …

no image

大規模Webサービス技術入門 DBの分散

前回に引き続き、大規模サービスを運用するときに必要になるMySQLの知識についてのまとめ Contents1 テーブル・SQL設計2 レプリケーション機能3 パーティショニング テーブル・SQL設計 …

no image

HAVING句の活用 発展編

今回からはまたまたHAVING句です。 下記のようなテーブル(teams)があり、全員が待機状態のチーム(全員がそろっている)を求めます。 member | team_id | status &#82 …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …