skillup

技術ブログ

Database

HAVING句について

投稿日:

本日はHAVINGについて。

かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。

WHEREとは違い、抽出した結果に対しての絞り込みを行います。GROUP BYで絞ったあとの抽出などに最適です。

下記のようなテーブル(SeqTbl)があるとします。

seq | name
—–+———-
1 | ディック
2 | アン
3 | ライル
5 | カー
6 | マリー
8 | ベン

番号が歯抜けになっているのがわかるかと思います。歯抜けがあるかどうかは

このSQLで出せます。(歯抜けがなければCOUN(*)すべての列数とMAX(seq)が一緒になります。)

また歯抜けになっているseqを出したい場合は、下記のようなSQLになります。

下記のようなテーブル( graduates)があり最頻値(このケースでいうと20000と10000を求めるとします)

name | income
————+——–
サンプソン | 400000
マイク | 30000
ホワイト | 20000
アーノルド | 20000
スミス | 20000
ロレンス | 15000
ハドソン | 15000
ケント | 10000
ベッカー | 10000
スコット | 10000

考える場合のステップですが、下記のような流れになるかと思います。

  1. まず回数のみのテーブルを考慮
  2. そのテーブルをもとに最大値の算出
  3. その最大値と同様のデータを抽出

1の段階で下記テーブルを作ります。

2の段階(1のテーブルをベースに考えます)

3の段階(これが最終解になります。)

またALLを使った方法でも可能です。

こっちのほうが、わざわざ最大値を絞らなくていいので楽ですね。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自己結合のイメージ

前回に引き続き結合について考えます。 例えば下記のようなテーブルがあり、重複行を削除するとします。 1 りんご 50 2 みかん 100 3 みかん 100 4 みかん 100 5 バナナ 80 この …

no image

sql_modeに関して

開発では動いていたのに本番ではint型のカラムで空白が入らない!みたいなエラーが出て、データベースにデータが入らないことが発覚し、調査をすることに・・・ sql_modeが原因でした・・・ sql_m …

no image

MySQL safe mode

MySQLに関してしっかりパスワードをチェックしていれば問題ありませんが、中にはrootパスワードをわすれた!なんてこともあるでしょう。 そんなときはsafe modeで実行することでrootのパスワ …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

GlassFishでDB接続

JavaEEではアプリケーションサーバーとしてGlassFishを使いますが、先日、GlassFishを通さないとJavaEEでDBが動かせないということを知りました。そのためJavaEEではデータベ …