skillup

技術ブログ

Database

HAVING句について NULL時の動き

投稿日:2016年11月12日 更新日:

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。

COUNTの処理

対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前者はそのままですが、後者はNULLを含みません。それを前提として下記のような問題を解いてみましょう。

あ、すべてサンプルデータなどはここにのっています。

stundentsテーブル
student_id | dpt | sbmt_date
————+———-+————
100 | 理学部 | 2005-10-10
101 | 理学部 | 2005-09-22
102 | 文学部 |
103 | 文学部 | 2005-09-10
200 | 文学部 | 2005-09-22
201 | 工学部 |
202 | 経済学部 | 2005-09-25

上記は課題提出のテーブルだとします。ここから全ての生徒が課題を提出している。つまりはsbmt_dateがNULLでない学部を求めるとします。(この場合ですと、理学部と経済学部になります。)

その場合COUNTとHAVUNGを使うと下記のように書けます。

これで下記のようなテーブルになります。

dpt | count | count
———-+——-+——-
経済学部 | 1 | 1
工学部 | 1 | 0
理学部 | 2 | 2
文学部 | 3 | 2

ここからHAVINGでフィルタリングしてみましょう。(HAVINGはエイリアスは使えないので注意です。)

dpt | num | submit_num
———-+—–+————
経済学部 | 1 | 1
理学部 | 2 | 2

模範解答ではCASEを使って下記のようにも書いていました。

これは思いつかなかったなあ・・

次はもう少し実践的です。

下記のような商品テーブル(items)と店舗テーブル(shopitems)があるとします。

item
———-
ビール
紙オムツ
自転車

shop | item
——+———-
仙台 | ビール
仙台 | 紙オムツ
仙台 | 自転車
仙台 | カーテン
東京 | ビール
東京 | 紙オムツ
東京 | 自転車
大阪 | テレビ
大阪 | 紙オムツ
大阪 | 自転車

このなかでitemsの中の商品をすべてそろえている店舗(仙台、東京)を抽出します。
まずは下記SQLを使うとitemsの中に含まれているshopitemsのレコードをすべて求めてくれます。

shop | item
——+———-
仙台 | ビール
仙台 | 紙オムツ
仙台 | 自転車
東京 | ビール
東京 | 紙オムツ
東京 | 自転車
大阪 | 紙オムツ
大阪 | 自転車

上記のテーブルはすべてitemsの中にあるものだけで構成されています。
これを店舗名でGROUP BYし、itemsのレコード数と一緒になれば全部含まれていることになります。

やはり集合の考え方が大事になってきますね。いままであまり考えなかったので、図を書きながら整理するといいかもと思っています。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サブクエリ 移動平均など

前回の応用編です。 日付、入出金、残高はできましたが、ここからさらに、現在のレコードから3行以内(3行あれば3行、なければそれ以内でできるだけ)のレコードの合計値を出す計算を考えます。 結果だけ先に書 …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

dbUnitの使い方

えーJavaで有名なテストツールDBUnitについて。 DbUtilではありませんので間違えないように。(私は最初間違えました・・・) まだ全然使い込んでるわけではありませんがどんなことができるかとい …

no image

データ構造の基礎知識 後編 木構造

データベースの学習をしていたときの復習です。 データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ 今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。 …

no image

アンチパターン トランザクションスコープ+大量データのリアルタイム集計+接続が詰まる

本日は主にインフラの設計的なことに関して。 Contents1 トランザクションスコープの設定1.1 デメリット1.2 対策2 大量データのリアルタイム集計2.1 デメリット2.2 対策3 詰まると接 …