skillup

技術ブログ

Database

サブクエリの使い方

投稿日:

以前も少し学習しましたが、今回からはサブクエリの扱い方です。特に異なった行の比較(年度計算など)に関して行われる自己結合をつかったものが非常に強力です。

例によってここを学習しています。

下記のようなテーブル(sales)があるとします。

year | sale
——+——
1990 | 50
1991 | 51
1992 | 52
1993 | 52
1994 | 50
1995 | 50
1996 | 49
1997 | 55

自己結合覚えると楽ですね

例えば下記のSQLでまず8*8を作ります。

このうち、当然前年のものだけを見たいので、下記のような条件を作ります。(最初の年度は出ません)

こうしますと下記のような表がとれます。

year | sale | prev_year | prev_year | var
——+——+———–+———–+—–
1991 | 51 | 1990 | 50 | ↑
1992 | 52 | 1991 | 51 | ↑
1993 | 52 | 1992 | 52 | =
1994 | 50 | 1993 | 52 | ↓
1995 | 50 | 1994 | 50 | =
1996 | 49 | 1995 | 50 | ↓
1997 | 55 | 1996 | 49 | ↑

自己結合非常にわかりやすいですね・・・。最初見たときは何に使うんだろう・・と思っていましたが、集合の考え方をイメージするのに非常に

またサブクエリで書く場合は下記のようになりますが、自己結合をイメージに持っておくと非常に考えやすいです。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー

前回まではアンチパターンやバッドノウハウについて学習してきましたが、今回はグレーノウハウについて特集します。 グレーノウハウとは読んで字のごとくホワイトともブラックとも言えないという手法ですね。 つま …

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

mysqlデータのCSV出力

ガチンコ塾のブログでもかいたのですが、行動力が大切だなーと思う今日この頃。 社長が熟練のJavaエンジニアで基本的に聞けば、基本的に解決することが多いのですが、外部の勉強会などにも出て情報収集の必要性 …

no image

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

Contents1 重すぎるOLTP1.1 デメリット1.2 対策2 DATE型の型の不統一2.1 デメリット2.2 対策3 データ量の想定が甘い3.1 デメリット3.2 対策 重すぎるOLTP ※O …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …