skillup

技術ブログ

Database

サブクエリ 分析関数の代替案として

投稿日:2016年11月17日 更新日:

今回は分析関数系のネタです。

以前にも分析関数を少し学習しましたがMySQLにはないので、サブクエリを使い書くことになります。

下記のような入出金講座があるとします。
Accounts

prc_date | prc_amt
————+———
2006-10-26 | 12000
2006-10-28 | 2500
2006-10-31 | -15000
2006-11-03 | 34000
2006-11-04 | -5000
2006-11-06 | 7200
2006-11-11 | 11000

ここから現在の口座残高を求めてみます。ここでは分析関数を使うと非常に楽です。例えば下記のように書いてみましょう

prc_date | prc_amt | onhand_amt

————+———+————
2006-10-26 | 12000 | 12000
2006-10-28 | 2500 | 14500
2006-10-31 | -15000 | -500
2006-11-03 | 34000 | 33500
2006-11-04 | -5000 | 28500
2006-11-06 | 7200 | 35700
2006-11-11 | 11000 | 46700

ただ残念なことにMySQLでは入っていないのでこれをサブクエリを使って求めます。

これもやはり自己結合でがんがえると物凄いわかりやすいです。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

no image

浮動小数点に関して

金額計算なんかでfloatを使うと誤差が出るっていうのは基礎的な話ではありますが、背景知識を含めて理解しておこうと思ったのでメモります。 Contents1 float,doubleでの誤差2 金額の …

no image

外部結合について 行列変換

今回から外部結合について学習します。 これはCASE式でもやった集合の考え方が大事になってきます。 例えば下記のようなテーブルCoursesとがあるとします。 name | course &#8212 …

アーカイブ