skillup

技術ブログ

Database

集合としてのSQL その2

投稿日:

本日も前回に引き続き集合としてのSQLに入っていきます。

完全一致のテーブル

下記のようなテーブル(supparts)があり、持っている部品が完全に一致する業者を求めます。

sup | part

———————————-+————————————–
A | ボルト
A | ナット
A | パイプ
B | ボルト
B | パイプ
C | ボルト
C | ナット
C | パイプ
D | ボルト
D | パイプ
E | ヒューズ
E | ナット
E | パイプ
F | ヒューズ

この場合だとAとC、BとDになります。

手順としてはまず自己結合にて組み合わせを作ります。

単なる結合条件としては、下記2点になります。

  • 自分は当然除く
  • パーツが同じもの

s1_sup | s1_part | s2_sup | s2_part
———————————-+————————————–+———————————-+————————————-
A | ボルト | B | ボルト
・・・・・・・・・・・・・・(略)
E | ヒューズ | F | ヒューズ
F | ヒューズ | E | ヒューズ
———————————-+————————————–+———————————-+————————————–

これで組み合わせが同一の組み合わせが判明しました。ここからGROUP BYして、数量を求めてみましょう。

s1_sup | s1_count | s2_sup | s2_count
———————————-+———-+———————————-+———-
A | 2 | B | 2
・・・・・・・・・・・・・・(略)
E | 1 | F | 1
F | 1 | E | 1

これでs1,s2ごとの数がでました。

あとはこの1つ1つの組み合わせの中からすべてを満たしているものを選びます。

例えばs1がAであればAの列数は3になりますので、s1_countが3のものがあればすべてを満たしていることになります。

これですと片側だけになってしまうのでs2側も求めます。

(例えば B | 2 | A| 2 はBからみるとみたしていますが、Aからは満たされていません。)

すでにGROUP BYしているのでHAVINGで抽出します。

s1_sup | s1_count | s2_sup | s2_count
———————————-+———-+———————————-+———-
A | 3 | C | 3
C | 3 | A | 3
D | 2 | B | 2
B | 2 | D | 2

ちなみにA→CとC→Aが両方出ますが、片方だけでいい場合はWHEREにs1.sup > s2.supをいれれば重複はしません。

重複行の削除

下記のテーブルで重複行を削除するSQLを書いてみましょう。

rowid | name | price
———————+——-
1 | りんご | 50
2 | みかん | 100
3 | みかん | 100
4 | みかん | 100
5 | バナナ | 80
こちらはサブクエリを使って重複行を抽出する方法があります。

ただサブクエリは遅いので下記のような方法もあります。

EXCEPT で全体のidの集合から後半のグルーピングされたidを取り除くと、重複のものだけがでてきます。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベースによるテストデータ作成

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。 数字 [crayon-600f010ac589098 …

no image

NOT EXISTSの利用2

今回もNOT EXISTSの利用です。 前回の問題にプラスアルファし、列が一緒でないと連続でも意味ない仕様にします。 例えば下記のようなテーブルがあるとします。 seat | row_id | sta …

no image

SQL 集計関数の利用

先日同様、ある程度複雑な問題のSQLに関して。出典はSQL実践入門。 問題 下記のようなテーブル(テーブル名)で より古い年のデータが存在しない場合 NULL 直近の年のデータより売り上げが伸びた場合 …

no image

SQL サブクエリ

前回の問題をサブクエリを使って解きます。前年度の売上を出すのが一番難しいので、それを出す方法です。MySQLだとそもそも分析関数が存在しないので・・ [crayon-600f010ac80c50543 …

no image

SQL case式やウィンドウ関数の威力

プログラマには「プログラムは思った通りに動かない。書いた通りに動く。」「バグではない仕様です」なんて面白い格言がいろいろありますが、データベースの世界にも「WHERE句で条件分岐させるのは素人のやるこ …