skillup

技術ブログ

Database

EXISTSと集合

投稿日:

前回に引き続きEXISTSの問題です。

下記のようなテーブル(projects)があり、

project_id | step_nbr | status
————+———-+——–
AA100 | 0 | 完了
AA100 | 1 | 待機
AA100 | 2 | 待機
B200 | 0 | 待機
B200 | 1 | 待機
CS300 | 0 | 完了
CS300 | 1 | 完了
CS300 | 2 | 待機
CS300 | 3 | 待機
DY400 | 0 | 完了
DY400 | 1 | 完了
DY400 | 2 | 完了

1番まで完了しているproject_idを求めるとします。回答として下記のデータが得られればOKです。

project_id
————
CS300
DY400

※本ではstp_nbr=2が完了しているもの(上記の例でいうとDY400)を除いていましたが、私の場合含めました。

この場合、EXISTSの考え方を使うと下記のようになるでしょう。

この場合も、step_nbrが0と1をともに満たしていないといけないのでEXISTSではなく逆のNOT EXISTSを使います。

なおHAVINGの考えを使って下記のように解くこともできます。こっちのほうがイメージはしやすいかも・・・・

イメージとしては上記のSQLから下記のようなテーブルをイメージしGRUOP BYしてadd_pointの累積を考えます。

project_id | step_nbr | status | add_point
————+———-+——–+———–
AA100 | 0 | 完了 | 1
AA100 | 1 | 待機 | 0
AA100 | 2 | 待機 | 0
B200 | 0 | 待機 | 0
B200 | 1 | 待機 | 0
CS300 | 0 | 完了 | 1
CS300 | 1 | 完了 | 1
CS300 | 2 | 待機 | 0
CS300 | 3 | 待機 | 0
DY400 | 0 | 完了 | 1
DY400 | 1 | 完了 | 1
DY400 | 2 | 完了 | 0

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MySQLの大文字、小文字問題について

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。 数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。 つまりa …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

SQLServerについて

今までDB環境といえば、95%以上がMySQLで、残り5%がPostgreSQLでしたが、SQLServerに触ることに・・・ 名前しか聞いたことなかったのですが、ここ1か月ぐらいで少し調べたことなど …

no image

JSON型の検索

複数のタグなどを入れる場合、JSON型のカラムやデータなどを入れることがあるかと思いますが、ここから検索できるということが昨日わかりましたので、メモしておきます。 SQLServerで発見しましたが、 …

no image

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

Contents1 リトライ1.1 デメリット1.2 対策2 バッチ分割2.1 デメリット2.2 対策3 バッチ再利用不可3.1 デメリット3.2 対策 リトライ ※OLTP=オンライントランザクショ …

アーカイブ