skillup

技術ブログ

Database

EXISTSと集合

投稿日:

前回に引き続きEXISTSの問題です。

下記のようなテーブル(projects)があり、

project_id | step_nbr | status
————+———-+——–
AA100 | 0 | 完了
AA100 | 1 | 待機
AA100 | 2 | 待機
B200 | 0 | 待機
B200 | 1 | 待機
CS300 | 0 | 完了
CS300 | 1 | 完了
CS300 | 2 | 待機
CS300 | 3 | 待機
DY400 | 0 | 完了
DY400 | 1 | 完了
DY400 | 2 | 完了

1番まで完了しているproject_idを求めるとします。回答として下記のデータが得られればOKです。

project_id
————
CS300
DY400

※本ではstp_nbr=2が完了しているもの(上記の例でいうとDY400)を除いていましたが、私の場合含めました。

この場合、EXISTSの考え方を使うと下記のようになるでしょう。

この場合も、step_nbrが0と1をともに満たしていないといけないのでEXISTSではなく逆のNOT EXISTSを使います。

なおHAVINGの考えを使って下記のように解くこともできます。こっちのほうがイメージはしやすいかも・・・・

イメージとしては上記のSQLから下記のようなテーブルをイメージしGRUOP BYしてadd_pointの累積を考えます。

project_id | step_nbr | status | add_point
————+———-+——–+———–
AA100 | 0 | 完了 | 1
AA100 | 1 | 待機 | 0
AA100 | 2 | 待機 | 0
B200 | 0 | 待機 | 0
B200 | 1 | 待機 | 0
CS300 | 0 | 完了 | 1
CS300 | 1 | 完了 | 1
CS300 | 2 | 待機 | 0
CS300 | 3 | 待機 | 0
DY400 | 0 | 完了 | 1
DY400 | 1 | 完了 | 1
DY400 | 2 | 完了 | 0

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CASE+HAVING句

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。 まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。 student | class | sex | sco …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …

no image

MySQL小ネタ テーブル単位のリストア・SQLの小ネタ(バックスラッシュの検索)

MySQLのちょい小ネタ。 Contents1 テーブル単位でバックアップ&リストア2 バックスラッシュの入ったSQLについて テーブル単位でバックアップ&リストア 1 通常のdump(データベース単 …

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

アーカイブ