skillup

技術ブログ

Database

SQLで数列を扱う

投稿日:

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。
例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、
これにより連番を作成してみましょう。

digit
——-
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

例によって自己結合をつかいます。

これだとちょうどd1の0~9に対してd2の0~9を掛け合わせることになりますので00~99の組み合わせがみれます。ただ2列にわかれていますので、これを1列で表記する場合には下記のようにしましょう。
下記SQLだと対象の数列は00~99ではなく1~100になります。

この方法でいけばもちろん何桁でも作れます。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データクレンジング

リレーショナルデータベースでデータを管理する前に、しなくてはいけないことはデータをデータベースに登録できる形に整形することです。 このことをデータクレンジングといいます。 これを行わずに何も考えずにデ …

no image

ER図作成ツールについて(Mac版)

ER図作成ツールについてMacで色々と調べましたので、メモを。 フリー限定で。 ちなみにwindowsを使っていればA5:SQLが一番使えるかと思います。 以前も下記リンクで説明させていただきました。 …

no image

正規化のデメリット

Contents1 正規化のデメリット2 本日のSQL 正規化のデメリット 正規化についていろいろ書いてきましたが、メリットもあればデメリットもあります。 メリットとしては データの不整合が起きにくい …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

MySQL.sockファイルに関して

朝出社してテストサーバーを見るといきなりサーバーが動いていないという事態が発生。 MySQLを起動しようとすると

なるメッセージがでて …

アーカイブ