skillup

技術ブログ

Database

SQLで数列を扱う

投稿日:

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。
例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、
これにより連番を作成してみましょう。

digit
——-
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

例によって自己結合をつかいます。

これだとちょうどd1の0~9に対してd2の0~9を掛け合わせることになりますので00~99の組み合わせがみれます。ただ2列にわかれていますので、これを1列で表記する場合には下記のようにしましょう。
下記SQLだと対象の数列は00~99ではなく1~100になります。

この方法でいけばもちろん何桁でも作れます。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

サブクエリ 応用編

本日も引き続きサブクエリです。 前回とちょっと近いですが、下記のような歯抜けのテーブル(sales2)があるとします。 year | sale ——+—&#8212 …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …

no image

アンチパターン バインド変数の未使用+直積組み合わせ+データ量爆発+インデックス関連

本日はSQLコーディングに関して。 ここら辺は実際にプログラムを書く際に重要になってくるネタ。 Contents1 バインド変数1.1 デメリット1.2 対策2 直積により組み合わせが爆発する2.1 …