skillup

技術ブログ

Database

CASE+HAVING句

投稿日:

今回はCASEとHAVINGを組み合わせて、そこそこの難問を解いていきます。

まず下記のようなテーブル(testresults)があるとします。

student | class | sex | score
————–+——-+—–+——-
001 | A | 男 | 100
002 | A | 女 | 100
003 | A | 女 | 49
004 | A | 男 | 30
005 | B | 女 | 100
006 | B | 男 | 92
007 | B | 男 | 80
008 | B | 男 | 80
009 | B | 女 | 10
010 | C | 男 | 92
011 | C | 男 | 80
012 | C | 女 | 21
013 | D | 女 | 100
014 | D | 女 | 0
015 | D | 女 | 0

下記3題をCASEフラグとHAVINGで求めていきます。

コツとしては下記のようなことがあげられます。

  • 特定条件のの生徒をCASEで条件分岐させてフラグを立てる
  • さらにそれのSUMをとり、全体数と比較し、HAVINGで合致しているものを出力
  • SQLは割り算が整数になってしまうなどに注意。

なお下記SQLではSELECTの列で計算式をかいていますが、ここは書かなくてもOKです。(私が途中計算するうえでの確かめのために出してます。)

問題1
クラスの75%以上が80点以上のクラスを求めよ

答えはクラスBですが、

問題2
50点以上を取った生徒のうち、男子の数が女子の数よりも多いクラスを求めよ

クラスBとクラスCが該当。

第3問

女子の平均点が、男子の平均点より高いクラスを選択せよ。

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Postgres リモートホストからの接続他

今まで使ってきたデータベースはMySQLがほとんどなのですが、最近少し、Postgresを触っています。 今回はパスワードの設定とリモートからの接続など。 Contents1 postgresへのログ …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

MySQL.sockファイルに関して

朝出社してテストサーバーを見るといきなりサーバーが動いていないという事態が発生。 MySQLを起動しようとすると

なるメッセージがでて …

no image

アンチパターン バインド変数の未使用+直積組み合わせ+データ量爆発+インデックス関連

本日はSQLコーディングに関して。 ここら辺は実際にプログラムを書く際に重要になってくるネタ。 Contents1 バインド変数1.1 デメリット1.2 対策2 直積により組み合わせが爆発する2.1 …

no image

論理設計のアンチパターン

今回からは論理設計のアンチパターンについて。 やってはいけない設計のパターンですね。これはまわりがやっていると気づかずにやっている可能性があるのでしっかりメモしておきたいです。 Contents1 非 …

アーカイブ