skillup

技術ブログ

Database

SQLのチューニングに関して

投稿日:2016年12月5日 更新日:

ここ2か月ぐらいはSQLの本でがりがり勉強してきましたね。当然復習も必要かと思いますが、だいぶいろんなことを覚えたなあという気がします。

一番勉強になった本はもちろん「達人に学ぶ SQL徹底指南書」とこのサイト「http://mickindex.sakura.ne.jp/database/db_support_sinan.html」です。

かなり高度なことを書いていると思いますが、平易な例題やなんといってもサイトに練習用のSQLがしっかり乗っているため非常に勉強しやすいです。

内容的にはおそらく3割ぐらいしかやっていないでしょう。まだまだ入り口に立ったばかりかと思いますが、これをベースにいろいろなSQLを書いていきたいと思います。

ちょっとほかにも勉強しないといけないこともあるので一旦SQLはおいておこうと思います。

さて、最後の本日はSQLのチューニングについてです。

こちら箇条書きにていろいろ書いてみたいと思います。

サブクエリを引数にとる場合INよりもEXISTSをとる。INよりも結合をとる

  • 結合キーにインデックスが張られていれば、テーブルの実表は見に行かず、インデックスを参照するのみで済む
  • EXISTSは一行でも条件に合致する行を見つけたらそこで検索をうちきるので、INのように全表検索の必要がない。NOT EXISTSも同様

ソートの回避

  • ALLオプションをうまく使う
  • DISTINCTをEXISTSで代用
  • MAX/MINでインデックスを使う
  • WHERE句で書けるものはHAVINGに書かない
  • GROUP BY ORDER BYでインデックスを使う

インデックスが有効活用されないとき

  • 索引列に加工を行う(計算式など)
  • IS NULLを使用
  • 否定形の使用
  • ORの使用
  • 後方一致、中間一致のLIKE述語
  • 暗黙の型変換

中間テーブルを減らせ

  • HAVING句の活用
  • IN述語で複数キーを利用する場合は一か所で
  • 集合よりも結合を先に
  • ビューを使いすぎない

 

-Database
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベースの権限設定

データベースを作成するときに

と入力していますが、ほぼ機械的にこれを売っているのでこれを機にどんな使い方があるのかを調べてみました。 …

no image

SQLで数列を扱う

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。 例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、 これにより連番を作成してみましょう。 digit ——- 0 1 …

no image

MySQLのユーザー変更+information_schema.columns

MySQLで行うユーザーの作成について

これですが、一つのデータベースに対して行うとhost内のユーザーすべてが切り替わってしまいます …

no image

MySQLのレプリケーションについて

MySQLのレプリケーションについて調べたことなどを。 Contents1 レプリケーションの基礎知識1.1 定義1.2 構成1.3 メリット1.3.1 参照性能の向上1.3.2 可用性の向上1.4 …

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

アーカイブ