skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

locationディレクティブについて

投稿日:2016年12月11日 更新日:

nginxを実務で使うときに重要になってくるlocationディレクティブについて。

ここでは実際のlocationディレクトリとマッチするURLのパターンを見ていきたいと思います。

locationディレクティブ

下記の設定は http://website.com/admin/ に適用されます。

=がつくパターン

= があると完全一致になります。

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/ABCD(ただしOSによる)
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリがあっても問題はない)
マッチしない
  • http://website.com/abcd/ (スラッシュがあるため完全ではない)
  • http://website.com/abcde(末尾に余計な文字があるためダメ)

 修飾子無し

先頭部分が一致しているものが対象になります。

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/ABCD(ただしOSによる)
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリがあっても問題はない)
  • http://website.com/abcd/ (スラッシュがあってもよい)
  • http://website.com/abcde(末尾に余計な文字があっても途中まで一致しているのでOK)

~(正規表現)

指定された正規表現とマッチするURIが対象となり、大文字小文字の区別がある

マッチ
  • http://website.com/abcd
  • http://website.com/abcd?qr1=6 (クエリは影響を与えない)
マッチしない
  • http://website.com/ABCD(大文字小文字区別するためNG)
  • http://website.com/abcd/ (末尾のスラッシュがあるため合致しない)
  • http://website.com/abcde(余分な文字が入っているので合致しない)

ちなみに下記のように~*となると大文字小文字を区別しなくなる。

^~(一致終了パターン)

修飾子がないときと同様で違いは合致した瞬間に他のパターンを探さない。

参考文献

Nginx入門

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

VPCでEC2+RDSを構築

以前の記事で、VPCを使ってEC2の環境を作りましたが、一般的にwebアプリはwebサーバーとDBがセットになることがほとんどだと思いますので、AWSでこの環境を構築してみようと思います。 Conte …

no image

CentOS7でのIP固定

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うこ …

no image

Git+SSH鍵認証

鍵認証をともなったgitのpushやpullについて。 中央リポジトリに公開鍵がおいてあり、リモートリポジトリに秘密鍵を配置します。 ステップとしては以下の2ステップになります。実行時ユーザーのディレ …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …

no image

mod_aliasに関して

同一ドメインでパスによってルートディレクトを分けたい時。 この場合、apacheの設定ファイルをいじることになります。 一般的にはhttpd.confではなく*.confと言った設定ファイルを使い、エ …