skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

rewriteディレクティブ

投稿日:2016年12月11日 更新日:

リクエストURIを条件に応じて書き換えたり、リダイレクトする機能を使うときはrewriteを使います。こちら非常によく使う機能です。

具体的な例を見ていきましょう。

これはフレームワークでみられますが、パスをクエリストリングに変更する設定例です。例えば/users/1などでアクセスがあった場合、/show?users=1に書き換えられ処理が行われます。

この例でも使用しているようにrewrite表現部分の()内の値をリプレイスメント内の$1で参照しています。$1なのあとの?はもとのリクエストのクエリストリングを無視することを意味します。

例えば/user/1?key=valueのようなアクセスがあった場合、/show?user=1?key=valueに書き換えられるのを防ぐことができます。

rewriteディレクティブは下記のような記述方法で設定します。

rewrite   正規表現  リプレイスメント  フラグ

フラグ一覧

なし             rewriteを実行し、そのまま処理を継続
last              rewriteを実行し、すべてのlocationを対象に再度処理をはじめから実行
break           rewriteを実行し、一度実行したlocationは対象外にして処理をはじめから実行
redirect        ステータスコード302でリダイレクト
permanent    ステータスコード301でリダイレクト

よくあるrewriteパターン

検索の実行

ユーザープロファイルページ

複数の引数

1つのパスに複数の情報

参考文献

Nginx入門

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

MariaDBインストール

CentOS7からはyumでmysqlをインストールするとMariaDBがディフォルトになるようです。 せっかくなので、これを機にMariaDBを使ってみました。といってもMySQLとほとんど一緒でし …

no image

set,ifディレクティブ,変数に関して

これまで基本的なnginxの設定についてみてきましたが、今回はset,ifディレクティブについてみていきます。 Contents1 変数とset2 error_page3 名前付きlocation 変 …

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

障害調査フロー

実務でサーバーの障害が発生した時のフローなどをメモしおこうかと。 行ってしまうと「ログに始まり、ログにおわる」といった感じでしょうか。 サーバーエンジニアの方の作業をみてたんですが、基本的にはプログラ …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …