skillup

技術ブログ

プログラミング全般

Excelでのテストデータ作り

投稿日:

ExcelVBAでテストデータを作るときに役に立った関数などを紹介させていただきます。

user_id time
2143 2017/1/16 3:35
6724 2017/1/2 6:05
4528 2017/1/21 9:42
2143 2017/1/19 0:56
6724 2017/1/4 18:34

やりたいことは単純で下記2点です。

user_idをあるマスタから取得し、ランダムでデータを作りたい。

timeにある地点からスタートした一定範囲内の時間をランダムに発生させたい(例えば2017/1/1 から 30日間の時間を任意に作り出す)

user_idは下記マスタより参照します。

user_id
2143
4528
6724

この場合のExcelの関数ですが、user_idには下記関数が入ります。

一定範囲内の乱数の発生のさせ方

INDEX(マスタの範囲,RANDBETWEEN(1,2))

マスタの範囲にはA1:C1などセルの範囲になります。RANDBETWEENは最小値と、最大値を定義してその間で乱数を発生させます上記の例だと1か2になります。

INDEXは対象配列の番号をもとにデータを作成します。例えばINDEX(マスタの範囲,2)であればuser_idマスタの2番目である4528がヒットするという仕組みです。

任意時間の作り方

任意の時間の発生時間ですが、下記の式で作り出すことができます。

RANDBETWEEN(開始日, 終了日)+TIME(RANDBETWEEN(1,24),RANDBETWEEN(1,60),0)

RANDBETWEENは通常の数字だけでなく、時間でも作れます。このままでもTIMEをつけなくてもいいのですが、そうすると時分秒がすべて00:00:00になってしまいます。TIMEは時分秒をいれることで、時間に変換できる関数です。TIME(15,10,0)= PM3:10などと表記してくれます。

この性質を利用し、上記関数を作ると任意の時間を作り出すことができます。

-プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

トークン認証に関して

Contents1 トークンでの認証2 Laravelでのtoken トークンでの認証 APIアプリケーションを作る場合、認証方式としてはクッキーとセッションを利用したものよりもトークンを使った認証方 …

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

no image

ログインしたままにするの挙動に関して(ステートフル認証の基本的な仕組みの復習もかねて)

基礎の基礎ですが、ログイン処理に関しての動きに関して。 Contents1 通常のログイン処理に関して2 ログインしたままにする 通常のログイン処理に関して 通常のログイン処理では、まず以下のような手 …

no image

シェル基礎2

シェルコマンド使い始めて数年たちますが、いまだに知らないことはおおいですし、早く知っとけばよかった的なこともたくさんあります。 そんな小ネタ集を alias よく使うコマンドを別名で登録することができ …

アーカイブ