skillup

技術ブログ

Git サーバー・ネットワーク

Git+SSH鍵認証

投稿日:2017年1月31日 更新日:

鍵認証をともなったgitのpushやpullについて。

中央リポジトリに公開鍵がおいてあり、リモートリポジトリに秘密鍵を配置します。

ステップとしては以下の2ステップになります。実行時ユーザーのディレクトリに配備することを間違えないようにしましょう。

  1. sshディレクトリに秘密鍵を配置
  2. sshディレクトリにconfigを配置

sshディレクトリに秘密鍵を配置

秘密鍵の配置ですがこれは実行時ユーザーのホームディレクトリに.sshとして作成されていればOKです。

ここに普通に配置します。通常ではid_rsaとなっていることが多いとおもいますが、リネームしてももちろん大丈夫です。

ちなみにパーミッションは400にしておきましょう。

sshディレクトリにconfigを配置

sshでログインした時に常に鍵を見に行くように設定を作っておきます。

configの書き方は以下のようになります。

~/.ssh/configについて

.ssh/configファイルでSSH接続を管理する

ちなみにこれはもちろんgitだけの設定ではなく、通常のsshの設定のためのものです。

ssh ユーザー名ですぐにログインできるようになります。

git

gitの設定変更では下記のようにしてあげましょう。

こうしておけばあとは普通にgit push or git pullで追加するだけです。

-Git, サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


  1. […] ※SSHのconfigの書き方はこちらから。 Git+SSH鍵認証 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CIツールを使ったオートデプロイに関して

gitlabをあるプロジェクトで使っていますが、自動デプロイについて色々調べなんとかできたのでメモしておきます。 結論から書きますと下記のような手順でいけます。 1.まずデプロイしたいサーバーに鍵認証 …

no image

SQSのキュー登録とworkコマンドに関して

SQSでのキューの登録に関して以前やりましたが、再度扱うことがあったので、調査を。 リンク SQSについて Queueの登録と実際の処理に関して Contents1 キューの登録2 キューの監視 キュ …

no image

vimの設定に関して

今の開発ではほとんどeclipseを使っていますが、プログラミングをやり始めてから2年ぐらいはずっとgvim(vimのGUI版)でした。 別にこだわりがあったわけではないんですけどね。 最初にならった …

no image

メール送信に関して その2 メールメッセージのデータ形式

前回に引き続き、メールのメッセージ構造について書きたいと思います。 Contents1 大まかな構造2 ヘッダ部2.1 メールアドレス2.2 From/Sender/Reply-To2.3 To/Cc …

no image

HTTPヘッダ・インジェクション+オープンリダイレクタ

Contents1 HTTPヘッダ・インジェクションとは?1.1 被害(ほぼクロスサイト・スクリプティング攻撃による脅威と同じ脅威)1.2 対策2 オープンリダイレクタとは?2.1 対策 HTTPヘッ …