skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

セッションハイジャック

投稿日:2017年2月3日 更新日:

今回はセッションハイジャックについて。WEB系では必須といえるでしょう。

セッションハイジャックとは?

WEBアプリケーションで使われているセッションID(利用者を識別するための情報)を使って、セッション管理を行うが、このセッションIDに不備がある場合、このセッションIDを不正に取得され、利用者になりますましてアクセスされてしまう。

似たようなものとしてセッションID固定化(悪意のあるユーザーがセッションIDを意図的に第三者に使わせること)という手法もある。

被害

  • ログイン後の利用者のみが利用可能なサービスの不正利用や個人情報の改ざん(金銭処理を伴ったり、非公開情報を扱うサイト、会員サイトは要注意)

対策

  • セッションIDを推測が困難なものにする(乱数発生などを行う)
  • セッションIDをURLパラメータに格納しない。(cookieかhiddenで渡す)リファラ属性で読み取られる可能性あり。
  • HTTPSで利用する場合、Cookieにはsecure属性を加える
  • ログイン成功後に新しいセッションを開始する。
  • ログイン成功後に既存のセッションIDとは別に秘密情報を発行し、ページ遷移ごとにその値を確認する
  • セッションIDをCookieにセットする場合、有効期限に注意する

Cookieについて

SessionIDはCookieに保存するのが基本。

そしてCookieの属性などについて

Cookieの属性など

Domain

ブラウザがクッキー値を送信するサーバーのドメイン。ここを指定することでドメインを指定できます。ただ、設定しなければ基本的にクロスドメインはNGになります。

Path

特定のPathのみで有効になるようにできます。

Expires

有効期限。ない場合にはブラウザの終了までになるまで。

Secure

SSLの場合のみ、クッキーを送信

HttpOnly

trueにすることでJavaScriptでのクッキーの読み取りを不可にします。

またWEBサーバーのセッションIDの項目に関して。

sessionの制御で重要なため覚えておきましょう。

参考リンク

IPA 安全なウェブサイトの作り方

安全なWebアプリケーションの作り方

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Terraform入門(シンプルなEC2の構築)

前回の記事でcloudformationとterraformの比較や紹介をしましたが、terraformがとっつきやすかったため、簡単なサンプルとメモを。 Contents1 インストール2 実行手順 …

no image

zabbixアラートメール

以前、zabbixの基本設定についてこのエントリーでかきました。 今回はzabbixでの何らかの障害が発生した時に、アラートメールを送信したい場合について Contents1 ユーザーの登録&ユーザー …

no image

apacheで複数インスタンスの起動

前回のphpenvがらみの引き続きですが、php5.6と7を共存させ、なおかつWEBアプリで動かす方法を調べたところapacheの複数インスタンスがであれば可能だとのこと。 早速調べなんとかできました …

no image

大規模Webサービス技術入門 DBの分散

前回に引き続き、大規模サービスを運用するときに必要になるMySQLの知識についてのまとめ Contents1 テーブル・SQL設計2 レプリケーション機能3 パーティショニング テーブル・SQL設計 …

no image

vagrant share

実はvagrantを使って仮想環境を一時的ではありますが、webから見ることができます。 1 まずはhttps://atlas.hashicorp.com/account/newにてアカウント登録。そ …

アーカイブ