skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

OSI参照モデル イーサネットとMACアドレス

投稿日:

OSI参照モデルのレイヤー1とレイヤー2で必要不可欠な規格がイーサネットです。

有線ネットワークであればほぼこの規格を採用していると思って間違いないでしょう。

MACアドレスでコンピューターを識別する

イーサネットではMACアドレスという48ビットの識別子を使用利してコンピューターを識別します。

a8:66:7f:04:00:80などの8ビットずつハイフンやコロンで区切って、16進数で表記します。

上位24ビットと下位24ビットで異なる意味をもっており、上記の例の場合、a8:66:7fはベンダーコードと呼ばれ各ベンダーを識別するコードであり、下位04:00:80はベンダー内で割り振られたコードになります。

この組み合わせでそれぞれのMACアドレスは世界で1つだけのものになります。

ちなみに自身のPCのMACアドレスの確認方法はこちら

https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011954

コンピューターがデータを送信するときは、自分のMACアドレスを送信元MACアドレス、データを送る相手のMACアドレスを宛先MACアドレスとしてヘッダーに入れることによって、フレームにします。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

yumのリポジトリについて

CentOSでは様々なパッケージが用意されていますが、標準で使えるもの以外にもさまざまなリポジトリがあります。 Contents1 リポジトリ一覧2 有効、無効や指定してのインストールについて リポジ …

no image

php-fpmトラブル(nginxが競合?)

php-fpmが急に停止になるトラブルがあったので、ちょっとメモ。 php-fpmを再起動しようとしても下記のようなエラーが・・・

p …

no image

Amazon SESでのメール送信

前回、AWSでのメール受信についてかいたので今回はメール送信に関して。 送信の場合、下記のような流れになります。 Contents1 基本のセッティング2 サンドボックスの解除3 実際のメール送信3. …

no image

herokuでのhttpd.conf設定

前回の記事でLet’s EncryptでSSL設定する場合、 http://ドメイン/.well-known/ というURLにアクセスする必要があります。 ただherok …

no image

ファイルアップロード・ダウンロードに関するシェルスクリプト

ファイルのアップロードやダウンロードに関するシェルスクリプトなんぞを。 地味ですが、以外に登場頻度は高いかと。 Contents1 FTP1.1 ダウンロード1.2 アップロード2 SCP2.1 アッ …