skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ネットワークコマンド

投稿日:2017年2月14日 更新日:

ネットワークのコマンドはping以外ほとんど知らないんですけど、それ以外に最近少し覚えたネットワークコマンドなどについて。

適切な使い方などはまだようわかっとらんです・・・

netstat(ss)

通信しているポートの状態をチェックする。どのポートが開いて通信しているのかがわかる。

netstat -antuで起動中のポートが見れる

LISTEN は待ち受け中
ESTABLISHは接続中になります。

Linuxでプロセスが何のポート使っているかを調べる

“netstat” リッスンしているプロセスを調べる

ステータスの見方など
TCPの状態遷移

ちなみにcentos7からは非推奨で代わりにssコマンドというものを使うようです。

頻出っぽいオプションの使い方について

ssコマンドの使い方

RHEL7/CentOS7 管理コマンドについて 【 ssコマンド編 】

lsof

lsof -i:ポート番号でどのプロセスがポートを使っているかがわかる(root権限で見たほうがいいかも)

arp

物理アドレス(MACアドレス)と論理アドレス(IPアドレス)の対応を見るコマンド

arp ~ARPテーブルの表示/設定を行う

traceroute

特定のホストまでの経路を調べるコマンド

日経XTECH 【 traceroute 】 ホストまでの経路を調べる

centos7で非推奨のネットワークコマンドなど。
CentOS 7 以降では ifconfig、route、arp、netstat が非推奨

lokkit

iptablesなどのポート開放を非対話で実現するコマンド。迂闊に使うとiptablesを一気に新規作成されるので危険です・・・

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IAMユーザー、ロールのポリシーの付与など

以前、↓のリンクでIAMの基本について少し扱ったので、もう少し具体的なパターンについて。 IAMユーザーについて 押さえておきたい概念としてはやはり ユーザー・・特定のキーなどでログインするユーザー …

no image

GitLabのWebhook

前回の記事でGitLabのCI/CDを特集しましたが、実は今回やりたかったのはそこまで大掛かりなCIではなく、プッシュ時にオートマージ、オートデプロイなどでしたので、もっと簡単な仕組みでできます。 例 …

no image

herokuでのLet’s Encrypt設定

herokuで運用しているアプリでhttps設定(Let’s Encrypt)をしたいという要望があり、調査、設定をすることに。 当然herokuでなくても大丈夫です。 過去に行ったhtt …

no image

Vagrantでのフォルダ共有

Contents1 vagrantとホストOSのフォルダの共有2 ネットワークアダプタ設定3 任意のディレクトリをマウント vagrantとホストOSのフォルダの共有 ディフォルトではvagrantは …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

アーカイブ