skillup

技術ブログ

Database

MySQLのロックに関して+サブクエリ内のupdate

投稿日:2017年2月14日 更新日:

MySQLのロックに関して。

データベースではデータの整合性を保つために読み書きを一時的に制限する仕組みがあります。(データベースだけではないですが・・・)

大きく分けると共有ロック(書き込みは当然だめだけど、読み取りはOK)と排他ロック(読み取りもダメ)の2種類があります。

MySQL ロックの話

またテーブルロックと行ロックという違いもあります。

ロックに関する検証 その1

ロック待ちtimeout(Lock wait timeout exceeded)

このロックを待っていてtimeoutしてしまうことがあります。

トランザクションのスタートからコミットまでの間の処理が長く、この間に強制終了した時などはLock wait timeout exceeded・・・のようなエラーメッセージが出て、以降のDBへの書き込みができないときがあります。

解除方法としてはMySQLにログインしてロックされているプロセスを消すことになります。

プロセスを強制終了する

この場合、行ロックではなくテーブルロックになっていることが原因なことが多いです。

id指定などの行に対するロックであればロック待ちは基本発生しないからです。

ロック待ちでハマる前に知りたかったMySQL InnoDBの行ロックとテーブルロックの挙動

MySQLのトランザクションとロック

MySQLのInnoDBでLock待ちのSQLを調べる

その他

MySQL – InnoDBのロック関連まとめ

サブクエリでのupdate

MySQLでは同じテーブルに対するサブクエリからの操作ができません。

例えば下記のようなSQLが通らず
ERROR 1093 (HY000): You can’t specify target table ‘reportitems’ for update in FROM clauseというエラーがでてしまいます。

この場合、サブクエリ内をテーブルとみてあげれば大丈夫です。

MySQLでERROR:1093を回避する

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

no image

サブクエリの使い方

以前も少し学習しましたが、今回からはサブクエリの扱い方です。特に異なった行の比較(年度計算など)に関して行われる自己結合をつかったものが非常に強力です。 例によってここを学習しています。 下記のような …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

集合としてのSQL その2

本日も前回に引き続き集合としてのSQLに入っていきます。 Contents1 完全一致のテーブル2 重複行の削除 完全一致のテーブル 下記のようなテーブル(supparts)があり、持っている部品が完 …

アーカイブ