skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

自力での監視

投稿日:2017年2月17日 更新日:

Zabbixの勉強を進めていますが、マニュアル通りに設定していて、中で何をやっているかをあまり理解していなかったりします。

それだとちょっとまずいのでZabbixでの構築とともに自力での監視スクリプトを作ってみようかと思っています。

参考文献 サーバー/インフラエンジニア養成読本 管理・監視編

監視対象

  • ネットワーク状況
  • ネットワークサービス状況
  • OS/リソース状況

ネットワーク状況監視

ホストが接続できるかどうかはネットワークコマンド(ping,traceroute)をうつのがもっとも簡単ですね。pingとうってレスポンスが正しく帰ってくればOKです。tracerouteでもOKです。

ただし、途中に存在するファイアロールによってさえぎられてしまうこともあるようです。

ネットワークサービス状況監視

webサーバーやメールサーバーが生きているかどうかを見るためにはtelnetで見てあげるのが有効です。

例えばWEBサーバーが生きているかどうかは80番にポートを送り、返信があるかどうかを確認します。

telnetでHTTPリクエストを送ってみよう。

他のネットワークサービス(例えばSMTPやPOPなども同様にして対処できます。)

監視対象内部状況(OS/リソース)監視

OS/リソースの状況を監視したい場合、外部からではわからないので監視対象にログインをして、状況を確認するためのコマンド(vmstatなど)を入力することになります。

逆引き系に使えるコマンドのリンクなど

Linuxリソースの監視・確認に関するコマンド逆引きメモ

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

firewall復習 ansibleコマンドもかねて

CentOS7ではファイアーウォールの設定をfirewallというコマンドで行います。要はportのブロックですね。 以前下記リンクでもfirewallについて書いたんですが、あまり理解もできていなか …

no image

CodeDeployに関して

近年のプロジェクトではアプリのデプロイに関して、サーバーに入ってgitコマンドを打つようなケースは減ってきており、何らかのデプロイツールを使ってやることが一般的。 Contents1 CIツールを使っ …

no image

CentOS7でのIP固定

日ごろ業務ではwindowsにVitrtualBox+VagrantにCentOSをいれていたのですが、スペックにややネックがあったため、今は使っていないPCにCentOS7を入れて開発企図して使うこ …

no image

form以外でのPOST送信(というかHTTP通信全般)

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …

no image

nginxのデバッグ

今までいろいろと苦しめられてきた(汗)nginxのデバッグについて。 まず任意の文字や変数をログに出すことができます。 Contents1 変数の出力1.1 rewriteデバッグ2 小ネタ 変数の出 …

アーカイブ