skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ログ抽出コマンド特集 その3 データの収集や抽出にかかわるコマンド群(sort ,tr,cut)

投稿日:2017年2月22日 更新日:

サーバーの負荷を見る場合、unixコマンドでログを抽出できたりすると何かと便利です。

いままでも下記の記事でこれらの出力を行いました。
ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort
私が本日やりたかったことは下記のようなデータの取得です。

  1. sarコマンドで特定の日付のデータを抽出し、
  2. cpu使用率(%user)の値が高いもの上位5つを取ってくる

結論からいいますと下記のようなコマンドになります。

出力結果

11時50分01秒 7.21
17時20分01秒 7.83
14時40分01秒 8.89
16時20分01秒 9.13
18時20分01秒 12.35
ポイントとしては、

  1. sort -nk  + 何列目 で並び替え sort -nk3は3列目を数字とみて並び替えるという意味です。
  2. tr -s ' ' "\t" で空白をタブに置換します。(次のcutで使うためです。)
  3. cut -f 1,3 で1行目と3行目を抽出します。(cutでは区切り文字をタブで扱うために空白ではなくタブで置換しておく必要があります。)
  4. tail -5 で5つまでを出します。(sortで昇順で出してheadとかでもできます。)

置換の部分はtrではなくsed,cutの部分をawkでもできるかと思います。

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IaC(Infrastructure as Code)に関して

近年ではインフラ環境もコード化しておいて、コマンドで起動や構築できることが一般的ですね。 ansibleやdockerなどは色々と使っていましたが、実際のインフラ環境では2020年6月現在AWSを使う …

no image

基本的なSSHの設定

一般的なサーバーのSSH対策に関して。素のままでいるとあっという間に不正アクセスの餌食になります。 ちなみにサーバーとしてSSHの設定をいじる場合は[crayon-6285a2a6e031127341 …

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

WinSCPの活用法

WinSCPの活用方法などについて WinSCPでZIPの解凍、ZIPへの圧縮を右クリックからカスタムコマンドで実行できるようにする。 特にzipでファイルを固める処理はよくやるので覚えておきましょう …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

アーカイブ