skillup

技術ブログ

Database

MySQLのメモリ設定

投稿日:

実務で結構サーバーをヘビーに使われるお客さんがいて、SQLが遅くなったりとしています。

なんとか対策しないといけないので、いろいろと調査をいます。

それで今回はMySQLのメモリ問題など。

MySQLのトータルのメモリ量は下記の公式で評価できるようです。

メモリ使用量 = グローバルバッファ + (スレッドバッファ x スレッド数)

http://qiita.com/zaburo/items/65bac3b8e0a635ada68c

http://sawara.me/mysql/1428/

初歩的なことから書いておりわかりやすいです。

グローバルはMySQL全体で消費されるメモリで、スレッドのほうは単一のコネクションで使用されるバッファのようです。

どうやらmax_connectionとinnodb_buffer_pool_sizeを適切に設定するのが肝のようです。

http://nick.hateblo.jp/entry/2014/01/26/183822

具体的な設定を試行錯誤しており、メモリの仕様なども随時出しているのでわかりやすい。

全然まとまってないので追記するかも・・・

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

インデックスについて(SQLServer)

DBのインデックスについて、今までぼんやりと検索条件の効率化についてはしっていたのですが、もう少し掘り下げて理解する必要があるなと思い、メモります。 SQLServerのインデックスについてすごくまと …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

SQLにおけるナンバリング

本日はナンバリングに関して。 MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になって …

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

アーカイブ