skillup

技術ブログ

Database

slow-query-logについて

投稿日:2017年3月6日 更新日:

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると

  1. SQLを書き直す
  2. インデックスを張りなおす
  3. プログラム内部でキャッシュを有効化する
  4. 設定ファイルの修正

上記のようなかんじになるのではないかと思います。

SQLの書き直しですが、SQL自体が遅い場合とSQLの発行回数を抑えるなどの方法があげられるでしょう。

そこで大切になってくるのが遅いSQLを特定することですね。

データがあまりない場合、遅さがわからなかったりするのでそもそも遅いものを特定することが大切になってきます。

MySQLにはslow_query_logという遅いクエリを出力する機能があります。どれくらい遅いかも自分で設定できるので、

この場合設定ファイル( /etc/my.cnf )に下記のように書いてあげればOKです。

※ただログを吐くと当然その分遅くなるので、できれば開発でやったほうが良いようです。

MySQLのslow-query-logの出力場所を確認する
MySQL初級者を脱するために勉強してること -調査編-

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …

no image

cakeでのトランザクション、コミット、ロールバック

cakePHP(2.X系)でのトランザクション、コミット、ロールバックについて。 cakePHPでトランザクションを書ける場合、Model内に [crayon-6011e055818082273314 …

no image

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。 JPAでのリレーションに関して 外部キー制約があるやり方は …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …

no image

外部結合 応用編2

引き続き結合についてです。 Contents1 1対Nの結合に関して2 完全外部結合3 差集合(class_aだけに存在するものとclass_bだけに存在するもの)3.1 class_aのみ3.2 c …