skillup

技術ブログ

Database

slow-query-logについて

投稿日:2017年3月6日 更新日:

データベースを伴う部分でののチューニングですが、大きく分けると

  1. SQLを書き直す
  2. インデックスを張りなおす
  3. プログラム内部でキャッシュを有効化する
  4. 設定ファイルの修正

上記のようなかんじになるのではないかと思います。

SQLの書き直しですが、SQL自体が遅い場合とSQLの発行回数を抑えるなどの方法があげられるでしょう。

そこで大切になってくるのが遅いSQLを特定することですね。

データがあまりない場合、遅さがわからなかったりするのでそもそも遅いものを特定することが大切になってきます。

MySQLにはslow_query_logという遅いクエリを出力する機能があります。どれくらい遅いかも自分で設定できるので、

この場合設定ファイル( /etc/my.cnf )に下記のように書いてあげればOKです。

※ただログを吐くと当然その分遅くなるので、できれば開発でやったほうが良いようです。

MySQLのslow-query-logの出力場所を確認する
MySQL初級者を脱するために勉強してること -調査編-

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQLのチューニングに関して

ここ2か月ぐらいはSQLの本でがりがり勉強してきましたね。当然復習も必要かと思いますが、だいぶいろんなことを覚えたなあという気がします。 一番勉強になった本はもちろん「達人に学ぶ SQL徹底指南書」と …

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …

no image

データベースによるテストデータ作成

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。 数字 [crayon-65e66092ce54097 …

no image

データベースのインデックスについて

今回はデータベースのインデックスに関して。 検索条件を早くする場合、何よりも速度が速くなるのはインデックスを張ることでしょう。 インデックスを張ることは単語を索引順に並べることですので、劇的に速度が向 …

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

アーカイブ