skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

vagrantでサーバーの状態を保存(snapshot)

投稿日:2017年3月8日 更新日:

上司がAnsible(構成管理ツール)のサンプルをくれたのですが、試そうにもまっさらなサーバーを用意しないといけません。

サーバー環境を新規に契約するのは面倒なのでvagrantで当然考えています。

が、構成管理ツールって一回走らせたあとサーバーの状態を戻す必要があると思っています。(※そうしないと何度もテストができない)

そこでvagrantでサーバーの状態を保存するような機能がないかなあと思っていたらありました。

snapshotという機能のようで、下記のように行います。ちなみにversion1.8からでないとダメなようです。

vagrantで保存したい状態の場合、vagrant haltをしてboxが停止しているときに下記コマンドを入力します。

ここで状態が保存されます。戻っているかどうかを確認するために、なんらかの変更を加えます。

その後、一度止めた状態(vagrant halt実行後)で下記のように保存した状態を復元します。

このコマンドをうつと保存した場所に自動的に復元されます。

snapshotをとったあとの変更がなくなっているのがわかるかと思います。

参考

WEB ARCH LABO VagrantのSnapshot機能で仮想マシンの状態を保存/復元しよう

コンパクトでわかりやすい・・・というか私はこれをそのまま上から実行しただけですが・・・

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginxのSSL通信や認証、ログに関して

今回はnginxでSSL通信をする際の注意点など。といっても、それほど難しくないようでSSL通信をするには主に2つだけです。 SSLを利用することを明示 サーバー証明書と秘密鍵を指示する またngin …

no image

docker-compose(CentOS7系やMySQLのオプションなど)

以前、docker-composeを使った記事は使ったのですが、 実際にCentOS7やMySQLを扱った時につまづいたことなどを。 Contents1 CentOS7系のメモ1.1 docker-c …

no image

sudoとsuについて

基本的なことの復習。 Contents1 su2 sudo2.1 wheel su Switch User。読んで字のごとくユーザーを切り替えるコマンドです。 su suzukiでユーザーsuzuki …

no image

システム監視の基礎

システム監視のルールがほとんどないので、ちょっと勉強中です。 Contents1 危険率の判定2 参考文献 危険率の判定 今まで一番知りたかったことがこれなんですね。例えばシステムに負荷がかかっている …

no image

CIツールを使ったオートデプロイに関して

gitlabをあるプロジェクトで使っていますが、自動デプロイについて色々調べなんとかできたのでメモしておきます。 結論から書きますと下記のような手順でいけます。 1.まずデプロイしたいサーバーに鍵認証 …

アーカイブ