skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

zabbixオリジナルアイテム&トリガー

投稿日:2017年3月14日 更新日:

zabbixは標準でもかなりのアイテム&トリガーが入っていますが、オリジナルなものを入れたいときも当然あるかと思います。

そんなときにオリジナルのアイテム&トリガーを入れることができます。

実務ではglassfishというアプリケーションサーバーを動かしており、これが落ちていないかどうかを確認したいとおもっていました。

その場合、 /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf の最下部に下記のように書いてあげればOKです。

=の前後に空白をいれると認識しないことがあるので注意しましょう。

このあと再起動します。

あとは設定→ホストでアイテムを登録してあげればOKです。

上記のケースだと「キー」がglassfishになります。

1,2分経ったあと監視データ→最新データで該当のホストを選び、グラフなどで正常に記録がされていればOKです。

トリガーに入れたい場合もトリガー作成を行い、追加→選択からアイテムを選べますのでこれで設定してあげればOKです。

Zabbix Documentation2.0 4 ユーザーパラメータ

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シェルスクリプトでのsshログインとメール送信

久々にシェルスクリプトをやったんでその復習を。 応用範囲は結構広そうです。 Contents1 ファイルの読みこみ方2 関数の定義、使い方3 SSHログイン4 ssh鍵認証つきのログイン5 メール送信 …

no image

Dockerfileでのコンテナ作成

dockerは通常はimageを取得し、コンテナを起動した後、自分独自にライブラリなどをインストールし、出来たものをcommitしますが、Dockerfileをつかえばこの一連の操作をファイルに記録し …

no image

Linuxコマンドでのテキスト整形 CSV系の処理など

以前、対テキストファイル系のLinuxコマンドの使い方を紹介しましたが、その関連エントリーを。 今回やるのはCSV系の処理ですね。 id name age 1  suzuki 35 2  tanaka …

no image

ログ抽出コマンド特集 その1 cat+grep+sort

先日、メモリ使用率の調査に関して記事をかいたのですが、今度はそのログの収集や抽出をおこなってみようかと思います。 やりたいこと yyyy/MM/dd-HH:mm:ss  メモリ使用率(少数2桁まで)  …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …