skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansibleでのインストール

投稿日:2017年3月14日 更新日:

ansibleについてのメモなど。

ansibleって何?

構成管理ツール。一度設定しておけばサーバーの細かいインストールとかを自動でやってくれるツール。chefの兄弟みたいなもの(だと私は認識しています。)

インストールする側からコマンドをたたけば一発で複数サーバーにインストールなんてことも可能です。インストールされる側にはあらかじめなんの準備もいらないのがうれしい。

インストール前準備

2台のホスト(インストールする方とされる方)の用意。VPSを用意するかvagrantなどの仮想構築環境を使うのがいいです。自分はこの方法で2台のホストを動かして実行しました。

私の場合、installする環境が192.168.33.10 される側が192.168.33.11とします。ともにCentOS6.7です。

ansibleインストール

次にやることですが、どのホストをインストールするのかの情報を登録しておきます。

これまたいろんな書き方があるようですが、一番簡単なのは/etc/ansible/hostsに管理対象のホストを登録します。

今回の場合このファイルに

と書いてあげましょう。

SSH鍵登録

この状態でansible 192.168.33.11 -m ping とうつと( ansible 対象ホスト 命令 というコマンド)

下記のメッセージが帰ってきます。

SSHが登録されていませんよ~というエラーですね。

簡単な対応としてはパスワードの入力補完でkオプションをつけてあげるとパスワード
をいれてあげればOK。今度はSUCCESSというメッセージが帰ってきます。

ただこの方法だと毎回面倒なため、下記のように鍵を登録してあげるのがベターです。

ssh-copy-idで公開鍵をリモートホストへ登録する

今後は下記コマンドだけで飛ばせます。

ansible 192.168.33.11 -m ping

また鍵を明示的に指定するには

ansbile  --private-key=(秘密鍵のパス)  になります。

具体的なソフトウェアのインストール

例えばこのホストから対象ホストにapache(httpd)をインストールしてみましょう。

yaml形式で下記のようなファイルを作ります。

yum.yaml(拡張子がyamlであればファイル名は別になんでもいいです。)

これを書いた後、

ansible-playbook yum.yaml と入力すると一気にインストールができます。

最終的なansibleコマンドは下記で落ち着きそうです。

参考リンク&参考文献

さくらのナレッジ エージェントレスでシンプルな構成管理ツール「Ansible」入門

Ansible徹底活用ガイド

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

nginx基本

データベースについて勉強していましたが、実務でnginxを触る機会があったので、これを機に勉強。 Contents1 参考文献2 nginx基礎3 コアモジュール4 httpモジュール5 設定ファイル …

no image

SQSについて

以前、少しQueueの登録について書きましたが、今回はAWSのキューサービスであるSQSについて。 以前のリンク Queueの登録と実際の処理に関して SQSのポイントについて簡単にまとめて置きたいこ …

no image

メニュー系のCSS

よく迷うのでこれを機にまとめておこうかと。 Contents1 通常時のメニュー2 携帯(いわゆる縦のメニュー)3 ホバー時の画像選択4 小ネタ 選択されているときのメニュー 通常時のメニュー htm …

no image

Linuxコマンドでのテキスト整形 CSV系の処理など

以前、対テキストファイル系のLinuxコマンドの使い方を紹介しましたが、その関連エントリーを。 今回やるのはCSV系の処理ですね。 id name age 1  suzuki 35 2  tanaka …

no image

nohup(sshログアウトしてもコマンドは続く)+ StickyBit(誰もで書き込み自由)

インフラ系の小ネタです Contents1 nohup2 Sticky Bit(スティッキービット) nohup sshでログインしている時に長時間かかるような処理を実行中、ログアウトするとそのコマン …