skillup

技術ブログ

JavaScript UI デザイン

AngularJS カスタムディレクティブ

投稿日:2017年3月21日 更新日:

AngularはHTMLの中にng-clickなどと書いておけばイベントを紐づけて、特定動作時にメソッドを呼び出すことができます。

これをオリジナルで自作することができます。

customer_directive.js

index.html

AngularJSのDirectiveを理解する.

これを踏まえて、例えばある入力欄でEnterキーを押したときに特定のクラスをもった入力欄に移動するというイベントをHTML要素に付与したいとします。

主に入力欄が表のようになっているテーブル形式のHTMLを考えます。

 

(AngularJS, JQuery) Enterキーでフォーカスを遷移させるディレクティブを作る

JavaScript(AngularJS)で次のフォームへ自動で移動させる

-JavaScript, UI, デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

webpackについて再履修2

以前やったこの記事への追記的な意味で。 webpackについて再履修 Contents1 webpack-cli2 gulp-webpackは非推奨3 devtoolでデバッグ可能 webpack-c …

no image

共通CSSに必要な要素

簡単な業務アプリだとBootstrapなどのCSSフレームワークを使うことが多かったのですが、不必要な機能があることもあり、自作で非常に手軽なCSSを集めてこれを共通のCSSとして使うことが多いです。 …

no image

Promiseを使った非同期処理

今回はPromiseを使った非同期処理について。 JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気 …

no image

JSでの金額変換で気をつけることなど

以前、ちょっと特集した JSでの画面の金額集計 の続きです。 画面で帳票系のアプリを作ろうとしている時など、画面上の値から金額の合計金額を出すなどがよく見られます。 すごく基本的ですが、PHPに慣れて …

no image

ケース別JavaScriptライブラリまとめ

Webエンジニアとしてはサーバーサイドのプログラムのみならず、JavaScriptをいじることがおおいでしょう。 私自身、昔はわけがわからず大嫌いだったんですが、最近はデバッグが楽なこともあり、結構愛 …