skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansible localでの使用,sudoに関して

投稿日:2017年4月2日 更新日:

最近継続的に調査しているansibleについて

local

ansibleは通常別のホストに対して行うものですが、

hostsファイルのIPを変更し、以下のコマンドを打つことで自身に対しても行うことができます。

[Ansible] sshで繋がずにlocalhostで実行する

sudo

いままでrootで直で行っていましたが、rootログインを禁止しているサーバーもあります。

一般的にも作業用ユーザーでログインし、そこからsudoで作業を実行することが一般的でしょう。

またbecome_userを外出しのオプションで設定してもOKです。

sudo_userなどでもいけますが、現在(ansible2.2では非推奨のようです。)

Ansible1.9からはsudo/suの代わりにbecomeを使う

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

OSコマンドインジェクション

Contents1 OSコマンドインジェクションとは?2 被害3 対策4 参考リンク OSコマンドインジェクションとは? OSに対する命令文を不正に紛れ込ませて攻撃させる手法。 被害 サーバー内のファ …

no image

duコマンドについて

ディスク容量を計るコマンドduについて。 ポツポツ使ってきましたが整理していなかったので、ここで使い方を整理したいと思います。 Contents1 超基本的な使い方1.1 頻出オプション1.2 組み合 …

no image

メモリー不足でのスワップ割り当て

先日、あるサーバーでcomposerをinstallしようとしたところ、 The following exception is caused by a lack of memory or swap, …

no image

大規模Webサービス技術入門 イントロ

一応WEBサービスを日々改修していますが、データが日々ふえ、大規模なサービスの対処法などを勉強する必要があるため、「大規模サービス技術入門」を少しずつ読んでいこうと思います。 ポイント データはディス …

no image

dockerコマンドについて再考(ttyや/bin/bashなど)

Contents1 ttyオプションに関して2 docker execコマンドに関して2.1 ログインしないパターン2.2 shellに関して ttyオプションに関して dockerでnodeを起動さ …