skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansible localでの使用,sudoに関して

投稿日:2017年4月2日 更新日:

最近継続的に調査しているansibleについて

local

ansibleは通常別のホストに対して行うものですが、

hostsファイルのIPを変更し、以下のコマンドを打つことで自身に対しても行うことができます。

[Ansible] sshで繋がずにlocalhostで実行する

sudo

いままでrootで直で行っていましたが、rootログインを禁止しているサーバーもあります。

一般的にも作業用ユーザーでログインし、そこからsudoで作業を実行することが一般的でしょう。

またbecome_userを外出しのオプションで設定してもOKです。

sudo_userなどでもいけますが、現在(ansible2.2では非推奨のようです。)

Ansible1.9からはsudo/suの代わりにbecomeを使う

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Dockerでのredis活用(redisinsightなどについて)

引き続きdockerネタですがredisを使ったネタに関して。 redis自体は以前のエントリーでも説明しましたが、一般的なキャッシュサーバーかと思います。 今回はredis自体の説明ではなくdock …

no image

linuxでのherokuのインストール&パスの通し方

linuxでのherokuのインストールやパスの通し方について 原則としてruby入ってないとダメっぽいです。(しかもruby1.8系だと2016年6月現在エラーが出ますので最新バージョンをインストー …

no image

SSH鍵認証について+CakePHP2でのセッション切れ

鍵認証の設定をしたのでその際のメモなどを。 Contents1 SSH鍵認証2 CakePHP2セッション切れ SSH鍵認証 サーバーで公開鍵・秘密鍵を作成 サーバーで公開鍵を登録 クライアント側で秘 …

no image

firewall復習 ansibleコマンドもかねて

CentOS7ではファイアーウォールの設定をfirewallというコマンドで行います。要はportのブロックですね。 以前下記リンクでもfirewallについて書いたんですが、あまり理解もできていなか …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …