skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansible template,tag,yeditなど

投稿日:2017年4月3日 更新日:

template

今まで設定ファイルを使うときは基本ini_fileを使って置換したり、ローカルでファイルを作ってcopyしておりましたが、ansibleにはtemplateという機能があります。

簡単に言えばWebアプリケーションのようにHTMLテンプレートを用意し、その中に変数を埋め込むことができます。

例えばnginxをインストールするときは通常nginx自体もそうですが、それとともに/etc/nginx/conf.d/以下に設定ファイルも追加することが一般的だと思います。

templateタグをみていただければsrcがテンプレート自体 destがコピー先ということはわかるかと思います。

ここで.nginx.j2というテンプレートを用意する必要があります。

pythonでかかれていますが、設定ファイルに書くような情報は基本的には変数の置換ぐらいしか私はないため、ほとんどpythonがわからなくても行けます。

ちなみに私が書いたのは次のようなものです。ほとんどnginxの設定ファイルをそのまま持ってきて、動的な部分だけ変数にしました。

Ansible ~templateモジュール~

tags

一つのymlファイルの中でも特定のタスクだけを実行させたい or 逆に実行させたくないということはあるかと思います。

そんな時に使えるのがtagです。

上記のnginxの設定ファイル作成時に書いていますがtags: タグ名をつけておくことで、実行時に–tags タグ名でそのタスクだけを実行させることができます。飛ばす場合は–skip-tagsで飛ばせます。

Ansibleでタグを使ってみる

yedit

ymlファイルを書くときに最初はvimで書いてたんですが、eclipseでもプラグインを入れることで書けます。

  1. ウィンドウタブから新規ソフトウェアのインストール選択
  2. 名前 yedit、ロケーション http://dadacoalition.org/yedit
  3. YEditをチェック、インストール
  4. 再起動後、設定でYEdit Referenceが入っていることを確認
  5. ymlファイルを開くときに右クリックで次で開くの時にYEdit  YAML Editorを選択すればOK

yml最初書いていた時は構文のルールとかよくわからないで実行されずイライラしていたんでこれでsyntaxチェックとかしてくれるのがありがたいです。

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

引き続きansibleに関して。 Contents1 設定ファイルの書き換え1.1 ini_file1.2 lineinfile2 複数の値の置換3 ファイル分割3.1 ログ修正 設定ファイルの書き換 …

no image

VPSのCentOS上にVirtualBox+Vagrantをインストール

普段使っているPCにVirtualBox+Vagrantをいれることはあったんですが、VPS上のCentOSに仮想環境を入れたいとの要件があり、試してみました。 結論からすると結局できなかったんですが …

no image

crontab 確認方法

crontabが動かないときに確認すること。 Contents1 cron自体が動いているか(下記コマンドでログを確認)2 実行権限が正しいか3 プログラム内部のファイルパスが絶対パスになっているか4 …

no image

メニュー系のCSS

よく迷うのでこれを機にまとめておこうかと。 Contents1 通常時のメニュー2 携帯(いわゆる縦のメニュー)3 ホバー時の画像選択4 小ネタ 選択されているときのメニュー 通常時のメニュー htm …

no image

Python+cgiでwebアプリを動かすまで

PythonでRESTAPI的なプログラムを作った時のメモ。 あまりCGIで実行する人がいないようで、情報がそこまでありませんでしたが、Perlでやった経験もあり、動かせました。 Contents1 …

アーカイブ