skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

dockerインストール

投稿日:2017年4月7日 更新日:

ansibleに続いてdockerについて書いていこうと思います。

dockerとは?

物凄く簡単に言ってしまうとサーバーの状態自体を保存して使いまわしすることができます。

環境構築って物凄く面倒くさいので、例えばapacheとMySQLを入れたサーバーの状態を保存しておいてそれを使いまわすみたいな感じですね。
vagrantとちょっと近いですが、もっと軽量で
↓がものすごくわかりやすいのでここを見ておけば問題ないかな・・
プログラマのためのDocker超入門 01.仮想化
(その1から始まりその6まで進みます。)

Linux上でしか動かないのでvirtualbox + vagrantを使うか,VPSなどをテスト的に使用しましょう。ただ32bitだとうまく入らないようです。

32か64かはunameというコマンドで調べられます。

インストール

まずはインストールと起動です。

イメージ取得&コンテナ作成

このあとイメージを取得します。例えばcentOSを取得してみましょう。

ここでDockerを起動します。

起動されたDockerの状態を「コンテナ」といいます。

なにか適当なことをして(例えばテキストファイルを作るなど)exitとするとコンテナからログアウトし、同時に停止することになります。(停止せずにログアウトだけするのはCtrl+P,Q)

この状態で

と打つとコンテナの一覧が見えます。

また

と打つと行った作業の履歴が見れます。

一度作成したコンテナにログインする場合、停止していれば、

で起動させる必要があります。この状態でdocker ps -aをうつとstatusがUP(起動中)になっているのがわかると思います。

と打つと先ほどのコンテナの中に再ログインができます。

commit

この状態で

とうつとimagesに追加されます。※後程説明しますが、任意の名前はリポジトリ名:タグ名のほうがいいかもしれません。(例 centos:lastestなど)

この状態でdocker runからimageを起こしてあげると先ほどの変更されたコンテナを起動させることができます。

コンテナ自体はgitのようにコミットができるようです。

ちなみにコンテナの削除はdocker rm コンテナ名になります。

参考リンク

インストール
Dockerについて基本から最近追加された機能までまとめ

起動ログイン
Dockerコンテナの作成、起動〜停止まで

削除
Dockerイメージとコンテナの削除方法

 

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CentOS7の基本に関して

以前も学習しようとしましたが、CentOSの基礎について。 Contents1 デーモン2 ポートの割り当て3 systemdの役割 デーモン Linux上で動くサービスを提供をするプログラムのこと。 …

no image

PHP7に関して

先週きづいたのですが、PHPが5.6から7になりましたね。 まあ当分はまだPHP5で開発していきますが、herokuがいきなり7になり、アプリが動かないということが起こりました。 7対応させたかったん …

no image

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

引き続きansibleに関して。 Contents1 設定ファイルの書き換え1.1 ini_file1.2 lineinfile2 複数の値の置換3 ファイル分割3.1 ログ修正 設定ファイルの書き換 …

no image

ansible host指定,変数の外だし,ユーザー追加

Ansibleにてhostユーザーやユーザーの追加などす。 Contents1 ホストの指定2 ユーザーの追加2.1 変数を別ファイルに2.2 パスワードのハッシュ化2.3 パスワードなしでsudo2 …

no image

crontab 確認方法

crontabが動かないときに確認すること。 Contents1 cron自体が動いているか(下記コマンドでログを確認)2 実行権限が正しいか3 プログラム内部のファイルパスが絶対パスになっているか4 …