skillup

技術ブログ

Database サーバー・ネットワーク

大規模Webサービス技術入門 DBの分散

投稿日:

前回に引き続き、大規模サービスを運用するときに必要になるMySQLの知識についてのまとめ

テーブル・SQL設計

  • 大前提としてすべてのデータをいかにメモリ上にのせられるかが大事
  • カラム定義の際、データサイズをなるべく小さくするようにする
  • インデックスを適切にはる→特にid系のデータ(whereやjoinで使用されるもの)
  • ただしインデックスはある程度のデータ量出ないとスピードが出ない(千件程度なら問題ない)&更新時には遅くなる
  • あるテーブルに二つのカラムがあり、独立してインデックスが張られていた場合、2つのカラムで検索しても片方だけしか使われない。この場合、組み合わせたキーで検索をかけた場合のパフォーマンスを上げたい場合、組み合わせたカラムに対してインデックスを張る必要がある
  • 具体的なパフォーマンスを知りたい場合、EXPLAIN句のROWの部分を少なくするようにする

http://skill-up-engineering.com/?p=1288

レプリケーション機能

  • データベースをマスターとスレーブに分ける。スレーブは常にマスタのコピーという状態にする
  • スレーブは主に参照系の処理の対応。更新系の処理は基本的にマスタで一括対応。(複数にわけると整合性をとるのが難しいため)
  • 上記のような用途から必然的にマスタのスケールはあまりしない。
  • ダウン時のリカバリがとても大変。

パーティショニング

  • データがメモリ上に乗らない場合につかう最終手段
  • テーブルを別々のサーバーにわけること
  • 別々のサーバーに分けるとJOINができないため、JOINをするような要素のものはパーティショニングさせない。
  • メモリ増設で対応できるならそちらで対応したほうがコスパ的にはいい

-Database, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データ構造の基礎知識 後編 木構造

データベースの学習をしていたときの復習です。 データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ 今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。 …

no image

mavenのリモートリポジトリについて

JPAでO/Rマッパーに慣れてからというもの通常のSQLをごりごり書くのが億劫になってきました。 億劫というかいろいろとリスクがありますね。 問題点としてはコンパイルするときにエラーが検知できなかった …

no image

NOT EXISTSの利用2

今回もNOT EXISTSの利用です。 前回の問題にプラスアルファし、列が一緒でないと連続でも意味ない仕様にします。 例えば下記のようなテーブルがあるとします。 seat | row_id | sta …

no image

インメモリデータベース redis

インメモリデータベースのredis(レディース)について。 キャッシュとして以前はmemcachedを使っていましたが、いろいろ多機能ということでredisをちょっと触ってみようかと。 Content …

no image

cakePHPでのサブディレクトリ(apache)

apache使用時、cakePHP2系をサブディレクトリで使いたいときの運用法に関して。通所通りですとファイルにアクセスできないので、URLのリライトをうまくしないといけません。下記に設定例をかきます …