skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

SSHのfinger printに関して

投稿日:2017年4月20日 更新日:

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。

今回のお題はSSHのfinger printです。

初めてSSH先に接続するときにでる

みたいなやつですね。

これですが、クライアントからSSHサーバーに接続する際、初回に接続先サーバーが正しいかの確認メッセージです。

一度でも接続するとクライアント側にこのfingerprintが保存されますので表示されません。

これですが、サーバー側でみることができまして、 /etc/ssh/ssh_host_rsa_key.pub に保存されております。

と入力しますとfinger printが出力されます。

またクライアント側では ~.ssh/known_hostsに書かれています。普通にcatなどで出力してあげれば登録されているhostの情報がみれるかと思います。

SSHサーバのRSA fingerprintの確認方法

SSHサーバーの公開鍵の指紋(finger print)

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クロスサイトスクリプティング(XSS)

これまた非常によく聞く攻撃方法ですね。 Contents1 クロスサイトスクリプティングとは?2 被害3 対策 クロスサイトスクリプティングとは? 動的なページの表示生成の際に悪意のあるスクリプトを埋 …

no image

Lambdaでの注意点

前に個人的な学習でLambdaを勉強しましたが、仕事で使う機会があり、気をつけるポイントを再度確認。 以前の学習リンク Amazon SESでの受信→S3→Lambdaでのメール転送 Contents …

no image

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。 まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。 gitのdiffコマンドの …

no image

ロードバランサーの構築(dockerを例に)

以前から興味のあったロードバランサーをdockerで構築。 Contents1 ロードバランサーとは?1.1 定義1.2 メリット1.2.1 負荷軽減1.2.2 可用性の向上1.2.3 拡張性の向上1 …

no image

vimの基本的な使い方 設定ファイル、基本コマンド他

もう4年ぐらいの付き合いになる憎らしくもかわいいエディタvi(vim)について。 雑誌に特集があったのでこれを機にまとめてみました。シリーズものになるかも・・・ Contents1 Vi(vim)とは …

アーカイブ