skillup

技術ブログ

Database

MySQL safe mode

投稿日:2017年4月23日 更新日:

MySQLに関してしっかりパスワードをチェックしていれば問題ありませんが、中にはrootパスワードをわすれた!なんてこともあるでしょう。

そんなときはsafe modeで実行することでrootのパスワードを変更することができます。

なお環境としては下記を前提にしています。

CentOS 7系
MySQL 5.6以上

safe modeの起動

この後mysqlにパスワードなしでログインできるようになります。

それ以外に/etc/my.cnfに

と書いても再起動しても行けるようです。

正常なパスワードを反映し終わったらskip–grand–tablesは消しましょう。(set-enviroment=””で再読み込みすればOKです。設定ファイルの場合には消して再起動すればOKです。)

参考リンク

MySQL 5.7でrootユーザのパスワードを再設定
teratail – CentOS7.2でのMySQLインストールでの問題

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAでのリレーション(アノテーション使用)

JPAでリレーションを管理するとき、最初はアノテーションでやろうとしたんですが、結局やり方がわからずコンストラクタ式をかいて対処してました。 JPAでのリレーションに関して 外部キー制約があるやり方は …

no image

MySQLのマイグレーション(workbench使用)

以前cakePHPにてマイグレーションの手法を紹介したのですが、当然PHP以外をつかっていたり、PHPでもcakeを使っていなければこの方法は通用しません。 何か、汎用的にデータベースの構造の差分がチ …

no image

データクレンジング

リレーショナルデータベースでデータを管理する前に、しなくてはいけないことはデータをデータベースに登録できる形に整形することです。 このことをデータクレンジングといいます。 これを行わずに何も考えずにデ …

no image

アンチパターン 参照渡しと値渡し+キー情報の設定+同一値を複数テーブルに配置+正規化が不十分+集計表+不適切なステータス値

本日は自分がデータベースの設計をしていて気を付かないといけないなーと思った点などを。 注意点としては設計のミスは実装で取り返しにくいことが多いので極力気を付けましょう。あといろいろなテーブルのパターン …

no image

HAVING句について NULL時の動き

HAVING句のNULLがあった時の挙動にたいしてメモリます。 COUNTの処理 対象上の列数を数えるのにCOUNTを使うと思いますが、COUNT(*)とCOUNT(列名)では動きが若干違っており、前 …