skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

投稿日:2017年4月24日 更新日:

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。

それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なのですが、キャッシュを使うのも大切な方法の1つです。

キャッシュの種類

キャッシュと一口に言っても以下のように様々な種類があります。

static変数

  • PHPディフォで使えるstatic変数
  • 何度も呼び出されるけど同じ関数、メソッドないで返り値をあらかじめキャッシュして無駄な計算を減らす

APC

  • スピードはかなり高い
  • メモリへの負荷が高い
  • 静的データのキャッシュに向いている
  • 最速なので速度が求められ、apacheの再起動が起こってキャッシュがクリアされても問題ない部分。

Memcached

  • memcachedというサーバー自体を別に立てます。memcached自体がメモリにデータをキャッシュするため、スピードは劣りますが、サーバー全体で値を共有することができます。(これがネックになってしまうこともあります。)

注意点

  • DBとのデータとの整合性。
  • UPDATE/DELETE時にキャッシュも更新、削除を行うこと。

キャッシュのまとめ

過負荷に耐えるWEBサービス作成のための使えるPHPキャッシュテクニックまとめ
PHP独自Frameworkでのキャッシュについてまとめ

Memcachedに関して

実務で使っているので、ちょっと特集。

インストール(centOS6系 / php5.6 です)

注意点としてmemcachedとmemcaheは違うもののようです。dがついているほうが後発でかつ機能も多いようです。

インストール自体はなかなか手こずりました・・

下記のようなライブラリの依存エラーが出ることもありました。

ライブラリが足りてないようなので、下記の要領でインストールし、もう一度php-pecl-memcachedをインストールして解決です。

PHP5.6からmemcachedに接続してみる

CentOS7はこちら

CentOS 7にMemcached最新版をインストールしてPHPと連携する

プログラムでの活用

ディレクターなら知っておきたいキャッシュサーバ「memcached」の基礎知識【PHP編】

ちなみにmemcachedの場合キャッシュされたデータをdumpしてみることができます。

memcached の中身を確認するなら memcached-tool コマンド

CakeでももちろんMemcachedはサポートしています。簡単なんですぐに取り込めます。

https://book.cakephp.org/3.0/en/core-libraries/caching.html

-PHP, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


  1. […] キャッシュについて(主にmemcachedを中心に) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

emptyの扱いに関して

PHPで空白や存在確認として便利なemptyですが、乱用すると意図しない動きをすることがあるケースが多々あります。 Contents1 emptyの挙動に関して2 数値の03 検索などの全判定と値のな …

no image

Cakeの共通処理

CakePHPだけに限りませんが、フレームワークの場合、オブジェクト指向の特徴を理解して、全ページに共通な処理などは個々のコントローラーに書くのではなく、もっと抽象度の高いクラスに書いたほうが保守性が …

no image

メニュー系のCSS

よく迷うのでこれを機にまとめておこうかと。 Contents1 通常時のメニュー2 携帯(いわゆる縦のメニュー)3 ホバー時の画像選択4 小ネタ 選択されているときのメニュー 通常時のメニュー htm …

no image

nginxのSSL通信や認証、ログに関して

今回はnginxでSSL通信をする際の注意点など。といっても、それほど難しくないようでSSL通信をするには主に2つだけです。 SSLを利用することを明示 サーバー証明書と秘密鍵を指示する またngin …

no image

IaC(Infrastructure as Code)に関して

近年ではインフラ環境もコード化しておいて、コマンドで起動や構築できることが一般的ですね。 ansibleやdockerなどは色々と使っていましたが、実際のインフラ環境では2020年6月現在AWSを使う …