skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Dockerfileでのコンテナ作成

投稿日:2017年5月10日 更新日:

dockerは通常はimageを取得し、コンテナを起動した後、自分独自にライブラリなどをインストールし、出来たものをcommitしますが、Dockerfileをつかえばこの一連の操作をファイルに記録しておき、一気に行うことができます。

Dockerfileの作成・起動

dockerファイルは通常のテキストファイルです。

dockerファイルの中身

とりあえずイメージを読み込んでsshをインストールするという最小構成でのライブラリを考えてみましょう

実際の起動

下記コマンドで起動します。

正常に起動された場合imageが追加されています。docker images でみてみましょう。(※できるのはコンテナではないので注意しましょう。)

参考リンク

DockerfileでDockerコンテナを構築する

Dockerfileとdocker buildコマンドでDockerイメージの作成 (1/2)

DockerFileでDockerイメージを作成してみる

【入門】Dockerfileの基本的な書き方

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vueの環境構築に関して(モジュールバンドラの比較やvue-cliコマンドなど)

vueをビルドする場合、一般的にはwebpackなどのモジュールバンドラを使うかと思います。少しまとめて置こうかと思います。 Contents1 モジュールバンドラ1.1 webpack1.2 lar …

no image

ネットワーク基礎 OSI参照モデルなど

ここ↓でネットワークの基礎についてかいてあるので定期的に勉強しようと思っています。 3分間 NetWorking Contents1 スニーカーネットからリソース共有2 LANとWAN3 OSI参照モ …

no image

大規模Webサービス技術入門 イントロ

一応WEBサービスを日々改修していますが、データが日々ふえ、大規模なサービスの対処法などを勉強する必要があるため、「大規模サービス技術入門」を少しずつ読んでいこうと思います。 ポイント データはディス …

no image

MariaDBインストール

CentOS7からはyumでmysqlをインストールするとMariaDBがディフォルトになるようです。 せっかくなので、これを機にMariaDBを使ってみました。といってもMySQLとほとんど一緒でし …

no image

SQSのキュー登録とworkコマンドに関して

SQSでのキューの登録に関して以前やりましたが、再度扱うことがあったので、調査を。 リンク SQSについて Queueの登録と実際の処理に関して Contents1 キューの登録2 キューの監視 キュ …