skillup

技術ブログ

Ruby サーバー・ネットワーク

serverspecによるサーバー自動テスト

投稿日:2017年5月11日 更新日:

最近は管理しているサーバーが多いのと、構成管理ツール(Ansible)なんかをちょくちょく使ってますが、ちゃんと入っているかどうかを確認するのはそれなりに大変だったりします。

が、構成管理ツール自体もserverspecというテストツールがあるようでちょっと触ってみました。

公式リンクです。

http://serverspec.org/

前提条件ですが、Vagrantを使っていないと仮定し、別のホストを検証対象とします。検証対象も自分自身もLinuxと仮定します。

インストール方法

公式にも書いてありますが、私は下記のようにインストールしました。

※serverspecそのものよりはrubyが入っていない場合、ruby入れるほうが面倒でしょうね・・

rubyのインストール

serverspecのインストール

次にGemfileというテキストファイルを作ります。

Gemfileですが、どうやらライブラリのバージョン間の依存状態を解消するツールのようです。ここにバージョン記録しておいて、各ライブラリを記述しておくみたいな。

概念としてはphpのcomposer.jsonやJavaのpom.xmlに近いでしょうか。

Gemfileについて調べてみた

BundlerとComposerのinstallとupdateの違い

bundle実行

カレントディレクトリにGemfileがある状態でbundleというコマンドを実行してあげるとGemfileに記述されたライブラリを読み込みます。

phpでいうcomposer install ( or update)に近いです。

ひな形の作成

実際にターゲットのホストのテストができるファイルはまだできていません。必要なライブラリが読み込めた時点で下記コマンドを入力します。

ここで以下のような対話が始まります。

テスト内容

実際にテストされる内容は spec/target_host/sample_spec.rbに記述します。

SSH設定

基本的にはあとは実行するだけですが、SSH鍵認証がとおってないと実行できません。

でログインできるようにSSHの設定をしておきましょう。

Git+SSH鍵認証

テストの実行

あとは下記コマンドで実行します。

私は下記のようなエラーが出ました。

spec_helper.rbに

を追加して、実行し

というメッセージが出てとおりました。

参考リンク

「Serverspec」を使ってサーバー環境を自動テストしよう

【入門】serverspecでSSH経由でリモートホストにspec流す

-Ruby, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Linux環境下でのdockerのインストールについて

CI/CDがらみのプロセスでdockerを使っていたのですが、Linux環境下でのdockerのインストールについてメモ。 Contents1 yum -y install docker2 docke …

no image

ECSについて

AWSでwebアプリを立ち上げる場合、基本的にはEC2+RDS(小規模な場合は使わないケースもあるかも・・)+アルファの構成が多いと思うのですが、Dockerでコンテナイメージをもっていれば、コンテナ …

no image

DNSの仕組み

本日はDNSについて。 とりあえず要点のみ DNSのざっくりとした仕組み ネットワーク上での住所を決める仕組み。 本来はIPがその役割を果たしている. [crayon-60731d7e7b1c6583 …

no image

CIツールを使ったオートデプロイに関して

gitlabをあるプロジェクトで使っていますが、自動デプロイについて色々調べなんとかできたのでメモしておきます。 結論から書きますと下記のような手順でいけます。 1.まずデプロイしたいサーバーに鍵認証 …

no image

CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)

Contents1 CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは?2 被害3 対策4 参考(トークンチェック) CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)とは? ウェブサイトの中には …